WATCH ― COLUMN

【全300型以上の時計が揃う】 ハミルトンの旗艦店を干場が徹底レポート!

2018.1.16 2018.1.16
2018.1.16

心地いい店づくりと品揃えが評判! 原宿・キャットストリートの新たなシンボルが誕生

昨年の11月18日(土)、原宿のキャットストリートにオープンした「ハミルトン ブティック 東京 キャットストリート」は、HAMILTON(ハミルトン)世界初の旗艦店として早くも賑わっています。オープンのお祝いを兼ねて、編集長・干場義雅が来店。かねてから交流のある、ハミルトン インターナショナル CEOのシルバン・ドラさん、デザイナーを務めるアルフレッド・ベラヴェリアさんのお二人と、このブティックの魅力について語り合いました。

右から順にハミルトン インターナショナル CEO シルバン・ドラさん、デザイナー アルフレッド・ベラヴェリアさん
中に入った瞬間から"温かさ"に包まれ……

__昨年の春に行われた日本での展示会以来の再会になりますね。

干場:おめでとうございます! このブティックは立地条件からしても“ミレニアル世代”と呼ばれる若い人たちにも注目されやすいのでは?

シルバン:今回出店するにあたって東京中をリサーチしていたのですが、キャットストリートに来た途端、恋に落ちてしまいました(笑)。表参道やパリのシャンゼリゼと比べても、この通りはとてもユニーク。世界中のどこに行っても同じような場所はないと思っています。

干場:昔からこの辺りはすごくエネルギッシュ。世界的なビッグブランドだけでなく、さまざまなジャンルのお店が並列しています。一歩裏に入るとギャラリーや飲食店まであるから、そこも独特なんだと思います。

シルバン:ローカルなスポットがたくさんあって、そんなところが大好きです。

__裏を返せば、かなりの激戦区だと言えます。これだけ無数のショップが立ち並ぶなかでブランドの世界観を演出することはとても難しい……。

干場:そう思います。Eコマースが全盛のさなか、実店舗は店構えやサービスが充実していないと集客が厳しい時代。その点でもこのブティックは魅力が溢れています。店舗に入った瞬間から温かな雰囲気に包まれました。

シルバン:さすが、お目が高い。この「ハミルトンブティック 東京 キャットストリート」の店づくりは、“温かさ”というの大切にしています。僕も先ほどまでスタッフを集めて「ウォーム」という言葉を連呼していたところでした(笑)。建材や什器、インテリアもすべて、素材感にこだわっています。

干場:やっぱりね(笑)。ニューヨークっぽさもあれば、東京っぽい部分もあって、カルチャーが入り混じっているのがカッコいい! 天井が高くて自然光が入るし、開放感も素晴らしいと思います。

アルフレッド:そう言っていただけると嬉しいです。ちなみに今いる2階はミュージアムのような展示を行うこともあって、貴重な資料を豊富に取り揃えています。

ブティックのオープンを記念して2階ではエルヴィス・プレスリーが愛用した「ベンチュラ」や映画で使用された時計など秘蔵モデルが期間限定で展示(現在は終了)。
自分らしさのある“パーソナライズ”がキーワード

__このブティックはメンズ、レディース合わせて300型以上の商品があるそうで、国内屈指の品揃えだとうかがっています。なかでもお二人が一押しするモデルは?

シルバン:どの時計もオススメしたいのですが(笑)、強いて言うなら「Ventura (ベンチュラ)」の新作2本、ストラップを新調した「Khaki(カーキ)」ですかね。

干場:どれもすごく売れそう。こうやって改めて見ると「ベンチュラ」のケースは本当にきれいなフォルムであることが分かります。

アルフレッド:「ベンチュラ」は2017年に誕生から60年周年を迎えましたが、今見てもまったく色あせない。これだけのアイコニックな時計をつくり出すことは一筋縄ではいきません。今日はまだお見せできないのですが、次回のバーゼルワールドで面白いアイデアを採用した新作が登場します!

干場:今から楽しみにしています。世界的な傾向だと思うのですが、ファッションも時計もニーズが多様化していて、消費の仕方が大きく様変わりしています。「流行りモノや定番さえ買えば一安心!」ということでは終わらず、そこにちょっとだけ自分らしいテイストを求めている消費者が増えはじめています。

シルバン:どこの世界でも同じことが言えると思いますが、“パーソナライズ”というキーワードが重要になっています。そのため、こうした時代の流れに対して、かたくなな態度をとったり、トレンドに依存し過ぎることは危険だと言えます。特に腕時計の場合、長く愛用していただける商品を開発するのが前提にあるから、エモーショナルな部分だけでデザインを追いかけるのは違う気がします。

干場:今日も有意義なお話ができてよかったです。ところで、お二人ともお寿司が大好きだとうかがっています。渋谷の並木橋に僕の行きつけのお店があるので次回ぜひご一緒しましょう。多分、今までのお寿司へ対する考えが覆されると思いますよ。

シルバン&アルフレッド:ぜひぜひお願いします(笑)。

Photo:Hirose Yuuji
Text:Tsuneyuki Tokano

ハミルトンブティック 東京 キャットストリート住所:東京都渋谷区神宮前6-14-5電話:03-3400-1181営業:11:00~20:00不定休、元旦
HAMILTON VenturaRef.H24411232、クオーツ、ステンレススチールケース&フレックスステンレススチールブレスレット、ケースサイズ32.3×50.3mm、50m防水/9万1000円(税抜)
HAMILTON VenturaRef.H24301111、クオーツ、ステンレススチールケース&フレックスステンレススチールブレスレット(イエローゴールドPVD加工)、ケースサイズ32.3×50.3mm、50m防水/10万1000円(税抜)
HAMILTON Khaki Field MechanicalRef.H69429931、手巻き、ステンレススチールケース&グリーンテキスタイルストラップ、38径mm、50m防水/5万3000円(税抜)

【問い合わせ】
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン
03-6254-7371
http://www.hamiltonwatch.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.1.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO