FASHION ― エディター ヤナカの「こじラグ」

【雨の中を思わずスキップ!?】着るだけで笑顔になっちゃうロロ・ピアーナのコートって?

2018.1.13 2018.1.13
2018.1.13
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせてるのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかは分かりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

カシミア以外のアイテムも抜群に素晴らしいんです!

さて、75回目は「ロロ・ピアーナ」のミドル丈なナイロンコートです。ロロ・ピアーナのアウターって基本的にストーム・システム®の加工が施してあり防水・防風性に優れ、カシミアのモノであっても多少の雨や雪には対応してくれますが、ダラダラと降り続く日本の雨となると話は別。さすがに傘を差さずに街を歩くわけにはいきません。

でも、傘を差して歩くのってホントに面倒。雨止んだ途端邪魔になるし、よく忘れて失くすし…。そんな思いに的確に応えてくれるのが、今回のポリエステル×ポリアミド混のコートなんです。テーラード型でお尻が隠れるくらいの着丈、一見ジップアップのライナーを重ねているように見えますが、実はフェイクレイヤード。前身頃部分にだけ縫い付けられています。

雨や雪の日って外は寒いけど、室内や乗り物に乗った途端、暖房が効き過ぎていて暑くて蒸れる。寒いからと仰々しいマフラーなんかしていると汗をかいてしまって一気に不快に…。でも、取ってしまうと荷物になるし、また外に出たら寒い。そういった 煩わしさを拭い去ってくれるのがフェイクレイヤードされたライナー部分のリブなんですね。ジップを閉め切ってしまえば、テーラードの襟元に風も入ってこないし、このリブのスゴいところは素材がカシミア100%なので、その辺のマフラーを巻くより断然暖かいんです。さすがはロロ・ピアーナ! あと、暑なってきたらジップ開けちゃえばイイってのも魅力的です。

もちろん、インナーだってカシミア100%。極寒の日は別として、都内の寒さならTシャツやカットソー1枚でも十分乗り切れるんです。インナーは薄手の方がカシミアの暖かさや柔らかさを実感できますしね。

価格はロロ・ピアーナですから、まぁねぇ。でも、不快な雨がコレ着るコトによって解消できるなら、高くないですよね? えっ? 高い?? 他にもっと手頃で、雨を避けられるアイテムがある? あ〜、恋は盲目ってヤツです。だから今回だって 迷わず清水ダイブ!

Come on with the rain
I've a smile on my face
I walk down the lane
With a happy refrain
Just singin',  Singin' in the rain

 

不快な雨の日なのに、コレ着てアウトレイジ風な笑顔で街を颯爽と歩いてるオトコを見掛けたとしても、不審には思わないであげてくださいね。

Photo:Riki Kashiwabara
Text:Ryutaro Yanaka

『FORZA STYLE』シニアエディター
谷中龍太郎

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.8.8 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO