FASHION ― ファッション界の賢人が提案!干場に着させたい「松竹梅」

絵になる男の一張羅! テーラードコートの松竹梅とは?

2018.1.1 2018.1.1
Page 3/3
2018.1.1

コート 27万円(税抜)/ スティレラティーノ

西口:こちらです。ナポリの名門、スティレ ラティーノですね。お値段は27万円です。

干場:おぉ、ヘリンボーンなんですね。素材はなんですか?

西口:ウール100%です。

干場:これは本当にセクシーだなぁ!

西口:むちゃくちゃ良いと思ってます(笑)。ちょっと変則的なへリンボーンのパターンもポイントですね。実はこれ、完全にビームスのエクスクルーシブモデルなんです。元々展開していたモデルと、ここ最近提案されていたモデルを掛け合わせたようなデザインですね。

干場:ハイブリッドなんですね。

西口:そうなんです。ポケットの形をパッチアンドフラップにして、バックベルトも着けてインバーテッドプリーツにしました。サイズ感も、少しだけラグジュアリーに見えるように今までのコートよりハーフサイズくらい大きくしています。

干場:確かに。気持ちゆとりを感じますね。

西口:ちょっとだけユルく感じられるのもこのコートの良さですね。着心地もよいし、ものすごく上品に見えますよ。着丈はサイズ46で100cmです。

干場:ヘリンボーン、好きなんですよ。白と黒の色味にグッと来ますね。着丈もちょうど良いですね。

西口:袖を通したときに、背負った感じで丸くみえる背中が、これが男のコートたる所以だと思います。

干場:なで肩とこの背中の丸み、外国人っぽいですね。生地のウェイトもヘビーだし。すごく玄人らしい。

西口:そうかも知れません。厚みはあるけど袖を通すと重くはないので着心地がいいのもオススメの理由です。柔らかいですけど、打ち込みがしっかりとしてる。襟も結構大きめで、立てたときの表情もすごくいいんですよ。

干場:確かに絵になりますね。カフスも面白い。

西口:この辺りはやっぱりヴィンチェンツォ・アットリーニらしいデザインですよね。

干場:うん、これもグレースーツには合いそうですね。

西口:やっぱり間違いないと思います。今日の干場さんの着こなしにはちょうど良いと思いますよ。

干場:最近の僕はこんな格好ばかりなので、だいぶそこに寄せてきていただいたな……。普通に買っていいですか?(笑)

西口:ぜひ。サイズも46なので、干場さんサイズかと(笑)。

干場:西口さん、完全に買わせにきてますね(笑)。僕、ビームスに行くとついつい何か買っちゃうんですよ。しかしこれはめちゃくちゃイイなぁ。

西口:ここにしか出せないんですよね。こういうダイナミックなパターンは。個人的にもすごく大好きなブランドです。

干場:やっぱりビームスの方は怖いですね(笑)。物への造詣がめちゃくちゃ深い上に、自分の好みまで把握されてる。ツボをドンドン突いてくるっていう。27万でも、決して高くないと思います。

西口:ありがとうございます(笑)。今回のテーマにコートを選んでよかったです。

干場:まんまとハマっちゃいました。僕、2年前くらいから丈の長いコートをよく着てて。去年は95センチくらいを着てたんですけど、今年は100くらいがベストかな。

西口:わかります。“松”のスティレ ラティーノは、僕もオーダーするときにすごく迷ったんです。これくらい仕立ての良いものなので、110センチくらいの着丈で、膝を超えるくらいのシルエットにしたほうがいいのかな、とも個人的には思っていて。

干場:それも格好いいですけど、それだとすごく身長を選ぶようになっちゃいますからね。ちなみに西口さん、今日のジャケットもスティレ ラティーノですか?

西口:そうなんです。

干場:いいですね! そのベストは?

西口:これは’60年代のヴィンテージのマックレガーです。

干場:ヴィンテージ!? これ、どこで見つけたんですか?

西口:吉祥寺の古着屋で偶然見つけました。サイズ感もちょうどだったので、良い出会いだなと思って。

干場:実は僕も結構古着屋に行くんですよ。だけど、このチョイスはなかなかできないし、色合わせも完璧ですね。ポケットチーフはどちらのですか?

西口:エトロです。これも古くて、’90年代くらいのものですね。

干場:なるほど。シャツは?

西口:ラボラトリオ ナポレターノですね。ネクタイがジエレで、シルク100%のシェットランドツイード調です。

干場:タイの質感、いいですね。一番気になるんですが、そのパンツは?

西口:ラルフローレンです。’90年代の古着を修正して穿いてます。裾幅が23センチくらいあったものを、18センチくらいまで細くして。

干場:シルエットを直してるんですね! インプリーツだ!?

西口:そうです。ツーインプリーツです。

干場:バランス感がすごいですよね。最後にシューズと小物はどちらのですか?

西口:クロケット&ジョーンズと、時計はアメリカのグリュエンの’40sのものです。バングルはナバホのもので、リングはヴィンテージのスクールリングで、もうひとつがイギリスのヴィクトリアンリングです。ヴィクトリアンリングはイギリスにいる友達がしていて、「めちゃくちゃいいね!」と言ったら蚤の市で探してきてくれて。

干場:こんな合わせ方ができる人、なかなかいないですよ。まさかラルフローレンを混ぜてくるとは思わなかったですもん。インコテックスにこんなパンツあったかな?って。

西口:(笑)。全部クラシックではあるんですけど、それを混ぜるっていうのが自分のスタイルになっています。今日お持ちしたコートも、言ってみればそうかもしれません。自分もバイイングや商品を企画するときは、そういうイメージでやっています。

干場:いや、本当に素晴らしい! 脱帽です。また、ぜひリコメンドしてください。お待ちしていますよ。

Photo:Naoto Otsubo
Text:Rui Konno
Edit:Satoshi Nakamoto

西口修平

ビームスF ディレクター。1977年生まれ、大阪府出身。大学在学時にファッション業界に足を踏み入れ、卒業後の2000年にビームスへ入社。その後販売、アシスタントバイヤーを経て、2014年からはビームスFのディレクション、バイイングを手がけている。クラシックスタイルはもちろん、カジュアルのヴィンテージにまで造詣が深い洒落者で、6万4000を越すInstagramのフォロワー数も、そのスタイルへの注目度を物語っている。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO