TOP > BLOG > BLOG

干場の気絶ブログ「旅ジャケット界のロールスロイス」

2017.11.8

先日、究極のネイビージャケットに出会いました。そう、イタリアを代表するラグジュアリーブランド、ロロ・ピアーナのカシミアジャケット「VOYAGER(ヴォイジャー)」です。

一番の特徴は、なんといっても素材。「え⁉︎ 何この素材?」と思わず言ってしまうほど上等な薄手のカシミアで、触れるとヌメヌメするんです。生地に腰があるので丸めてもシワにもなりにくく、出張や旅にもピッタリ。さらに、レインシステムという特殊加工が施されているので撥水性もあるんです。だから多少の雨でもOK。

素材だけじゃなく、仕立てが美しいのもポイント。薄手のカシミア素材、しかも一枚仕立てだとどうしても立体的に作るのが難しく職人泣かせなんですが……。このジャケットはまるでフルオーダーで仕立てかのようにぴったりフィットするんです。ナチュラルショルダーの肩は、自然となで肩に見えるような設計に。袖は前振りで、胸部は立体的にそして男性的に見せてくれます。さらに、ゴージ位置や胸ポケット位置が低めだからクラシックを極めた大人の余裕と安定感も感じさせてくれます。

正直、昔のロロ・ピアーナは、シルエットがオッサン臭くて買うのを躊躇していましたが、このジャケットはパーフェクト。フィッティングがコンパクトになっているので、身体のラインをとても綺麗に出してくれます。グレーパンツはもちろん、白いパンツ、ブルーデニム、ショートパンツに至るまで着回せ、さらに薄手だから、盛夏を除けば4シーズン着られるのも魅力。

段返りの3ボタン、ナチュラルショルダー、2パッチポケット、サイドベンツ……。普通の人が見たら、パッと見はどこにでもある、何の変哲もない普通のネイビージャケットにしか見えないでしょう。でも、一回でも袖を通したら気絶どころの騒ぎじゃなく、昇天、いや失神すること間違いなし。値段も、失神するぐらい高いですが、きっと一生モノになるはずですよ。

こういう最高のジャケットを、気負わず、しかもさり気なく、白いTシャツとブルーデニムとかに合わせて、サラッと似合う大人の男になっていきたいですね。手持ちのジャケットを全部売って、この一着だけにしようかな(笑)

あれ?何の話をしてたんでしたっけ?

hoshiba

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO