TOP > BLOG > BLOG

着道楽!サトシーノ日記 37歳記念にエルメスのブーツを購入

2017.11.6

11.6(月)

こんばんは、サトシーノです。

ブログ更新するのがすっかり夜になってしまいました。

最近は、17時半くらいには日も落ちて、冬の寒さも増してきましたね。本格的な秋の到来って感じがします。11月1日に誕生日を迎えて、私も無事に37歳になりました。いろいろと環境が変化するだろう一年だと感じています。いや、変化させなければいけないと、ひしひしと感じています。

37歳の干場編集長。エロさがダダ漏れています。

干場編集長は、今の自分と同じ37歳で会社を立ち上げて、独立を果たした人生最大の岐路と言ってもいい年齢。このままではいけないと焦る気持ちと、都会暮らしにも慣れてきて、何か情熱的な思いが薄れているような気がしてなりません。

そんな時ふと、「死ぬまでに逢いたい人に会って行こう」って、気持ちに駆られたのです。自分が尊敬する人や大好きな人たちが、どんな夢を追って、どのように生きているのか。なんとなく生きるのが絶対にイヤなので、この先この仕事を続ける上でも、凄く大切なことだと感じました。

 

桜井さんとJENさんと御飯!あー素敵な時間^_^

Takaさん(@10969taka)がシェアした投稿 -

みなさまご存知の通り、私の夢はミスチルの桜井さんに会って取材することです。アーティストって、人を幸せにするパワーが必ずあると思うんですよ。同じ人間として、特別な能力と才能を持ち合わせた方々の心の中をのぞいてみたい。

先日、ミスチルの桜井さんが愛用するブランド、フランシストモークスのデザイナーである中村博之さんにインタビューさせていただくことができました。(※記事はこちら)一緒に大好きな桜井さんのことを話ことができて、本当に嬉しかったです!

みなさんも、大好きな人に会いに行った方が良い。そして、好きって伝えた方が良い。嫌いな人に会っている時間なんて、人生において僕は無駄な時間だと思います。人生は一度きり。天国はあるのかもしれない。いや干場さんの言う通り、ないのかもしれない。でも、今ここに生きて、出会っている真実を一番の喜びとして噛み締めたい。

37歳、人間として「何が」できるかの幅を広げてもっとチャレンジしていきます。

毎年、誕生日に最初の一歩を踏みしめるためにシューズを購入しているんですが、今年は一年待ったエルメスのブーツを購入しました。これは、昨年大好きなスタイリストの黒田さんが履いていてどうしても欲しかった一品なんです。完売して2度と手に入らないと思っていたのですが、運よく日本に1足だけマイサイズが銀座店に入ってきたので、誕生日に合わせて思い切ってカードを切りました。

こんなに靴ばかり買ってどうするんだってよく言われますが、「良い靴は、素敵な場所に連れていってくれる」そんな迷信を誰よりも強く信じている自分にとっては、何より大切にしているアイテムなんです。

ミスチルの「足音」っていう靴にまつわる曲を最後にお伝えします。

「夢見てた未来は、それほど離れちゃいない また1歩、次の1歩足音を踏みならせ!時には灯りのない孤独な夜が来たって、この足音を聞いている 誰かがきっといる」

 

 

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO