TOP > NEWS
FASHION

【売り切れ間近】ディーゼルで見つけた大本命の2着とは?

2017.10.29
2017.10.29

ライダース&MA-1 定番で選ぶ大人の鉄板アウター

寒さがグッと増してきて、そろそろ大本命のアウターを探し回っている頃ではないでしょうか? とは言えビジネスアイテムとは異なり、可能性が無限大にあるのでなかなか絞りきれないですよね。そこで今回は、FORZA読者から人気の高いイタリアブランド、ディーゼルからサトシーノがオススメするアウターを2着厳選してご紹介したいと思います。

ライダースジャケット 14万5,000円(税抜)/ディーゼル(0120-55-1978)

まずは、今季大本命のダブルライダーズ。見た目からして柔らかさと肌ざわりの良さが伝わってくる極上のラム素材を使用した1着です。無駄な装飾を省いたベーシックなデザインは、流行を追わずスタイルを追う40男にピッタリ。ウエストの絞りやコンパクトな肩まわりによってボディラインを美しく見せてくれるのがキモ。

着れば着るほど馴染んでいくので第二の皮膚のような感覚で、夏場をのぞけばほぼ年中使い回せるエコラグな逸品。ジップやスナップボタンといった付属もマットで、悪目立ちしないのが大人には嬉しい仕様です。

コーディネートは、秋ならシンプルな白Tに合わせるだけで十分。寒くなればパーカーやクルーネックニットを足せばOK。とにかくベーシックにモノトーンで合わせれば間違いはありません。

フロントジップとスナップボタンを外し、コートのように襟を立たせて着るのがサトシーノ流。このちょっとしたテクニックを加えるだけで、普通のコーディネートもこなれ感がでます。大人コーデに大切なのは素材の良さが引き立つ、こうしたベーシックなアウターです。

MA-1風ジャケット7万5,000円(税抜)/ディーゼル(0120-55-1978)

もう一着は、こちらのMA-1風ジャケット。ミリタリーデザインでありながら、ブラックを選択することで都会的な雰囲気を醸し出します。腕の部分はレザーの切り替えになっているので高級感が倍増。大人の余裕を見せつける、上品かつ男らしいデザインが流石ディーゼルです。

オールブラックですが、フロントはキルティング、バックはサテンの素材に切り替えてあり、よく見ると非常に凝った作りに。フロントには中綿も入っていているので冬でも温かく、さらに見た目よりも凄く軽いのが特徴です。モードな雰囲気を醸し出す、やや余裕のある身頃のサイズ感が絶妙です。クールに見せながら機能性も補われているのが大人には嬉しいですよね。

ライダーズと同じように秋のコーディネートは、白T一枚でOK。凝ったインナーにしなくてもアウターの単品力だけで十分楽しめます。

ダンナのみなさまはどちらのアウターが好みでしょうか? もちろん、両方買って着回すというのもアリ。売り切れ前にぜひ一度お店で試着してみてください。

Photo:Toshimitsu Watanabe
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
https://www.diesel.co.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO