TOP > NEWS
WOMAN

「感じすぎちゃう!」女性が本当に気持ちよくなる体位8選

2017.9.17
2017.9.17

ふたりで気持ち良くなるためには

セックスをするとき、いつも決まった体位しか試さないという方はいませんか? 48手という言葉が有名な通り、セックスには多種多様な体位があります。女性が喜ぶ体位を知りたい方、マンネリ化を打破したい方、必見です! 色々な体位で、女性の感じている姿を見てみませんか?

様々な体位を試すメリット

多くの体位を試すのには、メリットが沢山あるのです。ひとつは、セックスのマンネリ化を防止できること。体位によって挿入の深さや視覚的興奮度が異なるため、それが新鮮なドキドキを味わう手助けとなります。

ふたつめは、ふたりで気持ち良さを追求できること。いろいろな体位を試してくれる=お互いの気持ちいいところを探そうとしてくれている、と感じる女性も多いようです。

もちろんセックス自体が楽しくなるというメリットもあります。ぜひ色々な体位を試してみてくださいね。

一度のセックスでの体位の種類は?

平均すると、一度のセックスで3~4回ほど体位を変える人が多いようです。正常位、騎乗位、後背位などがオーソドックスな印象。一種類だと物足りなく感じてしまう女性もおり、カップルのマンネリ化の原因になってまうことも……。

ただ、コロコロと頻繁に体位を変えるのも考えもの。雰囲気がないと感じられてしまう可能性があります。彼女の好みを探りながら、どのくらい変えるべきか見極めるのが良いでしょう。

体位変換のコツ

では、実際に体位を変えるときに気を付けたいことなんでしょうか? それは、「スムーズに行うこと」です。女性の快感度はゆるやかに上がっていきます。だんだん気持ちよくなってきたのに、急にペニスを抜かれてしまうと興奮度が下がってしまうことも。ただ、体位を変えるとき、絶対にペニスを抜いてはいけないわけではありません。大事なのは時間をかけすぎないこと、甘い言葉やキスを忘れずロマンチックなムードを壊さないことです。

ここでひとつ、正常位から騎乗位へのスムーズな体位変換の仕方を紹介します。この体位変換は最もオーソドックスと言えるでしょう。このとき、途中で座位をはさむとスムーズに行うことができます。正常位でベッドの上に寝ている形になっている女性を起き上がらせ、そのまま対面座位へ。その後、男性がベッドに倒れると、騎乗位になります。このような順番で行えば、スムーズに3種類もの体位を楽しむことができます。

女性が好きな体位4選

次に、女性に人気の体位を紹介します。どれもノーマルな体位ではありますが、その分好きな女性も多く、メリットも大きいのです。この機会に、一度復習してみてはいかが?

①正常位

最もノーマルな体位です。男性が女性に覆いかぶさるようにして性行為をします。

女性に人気な理由としては、「相手の顔を見ることができ、繋がりを感じる、安心感がある」といった、精神的な結びつきを大事にしたものや、「彼が積極的に動いてくれて興奮する」「責められている感じがドキドキする」といった、Mっ気のあるものが見られます。また、キスをすることも可能な体位なので、よりムードを高めることができます。

②後背位

一般的にバックと呼ばれるこの体位。女性が四つん這いになり、背後から男性が挿入します。この体位は男性の征服欲を満たすことができると同時に、女性も「支配されているようでたまらない」と感じることができます。

後背位のメリットは、なんといっても深い挿入が可能なこと。Gスポットの奥にあると言われている性感帯・ポルチオへの刺激もしやすいため、彼女を存分に気持ちよくさせることができます。

後背位の中でも、寝バックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
▶▶女性が快感を貪りだす! 寝バックが最強の体位である理由3つ

③座位

座位とは、男性が座り、その上に女性が跨るような体位のことです。男女が向き合う対面座位と、男性が後ろから挿入する背面座位の2種類があります。

正常位よりも深い挿入が可能になるため、女性が中イキしやすくなったり、女性が普段よりも大胆になりやすかったりと、メリットが多いのがこの体位。密着度も高いため、男女ともに愛情を感じやすい体位であると言うことができます。

また、ペニスへの刺激も最小限に抑えられるので、長い時間挿入を保つことができるのも嬉しいポイント。お互いが興奮しやすく、女性からの人気も高い体位です。

④騎乗位

女性が上に乗り、主導権を握る騎乗位。普段のセックスに取り入れている方も多いのでは? 騎乗位は女性が感度に応じて動きをコントロールしやすく、クリトリスへの刺激も得られるので、女性がイキやすい体位です。気持ちよさそうにしている姿や、揺れているおっぱいを見ることができるので、男性としても興奮する体位ですよね。

ただし、「疲れる、恥ずかしい」などの理由で騎乗位があまり好きでない女性も一定数いるようです。そういった女性の場合、男性は女性の体を支えて動きをサポートしてあげると◎。また、乳首をいじってあげたり、自分も感じていることを伝えてあげたりすると、彼女も興奮してきて恥ずかしさを薄めさせることができます。

マンネリ防止! おすすめ体位4選

様々な体位がセックスのマンネリ化を防げることは、既に述べたとおり。ここでは、セックスのバリエーションを豊かにする、おすすめの体位を紹介します。

①後側位

お互いが横になり、男性が女性を後ろから抱きしめる形で挿入を楽しむ体位がコレ。腰を激しく動かすような体位ではないため、体力的にも負担がかかりにくく、長時間楽しみたいときにはもってこいの体位です。

この体位、普段当たらないような場所にペニスが当たるため、マンネリ解消にオススメ。

注意点は、ペニスが抜けてしまいやすいこと。すぐ抜けないよう、深く挿入する必要があります。コツとしては、お互いの脚を交差させた体勢で挿入を行うことです。

②伸長位

伸展位、しがらみとも呼ばれます。正常位の類型で、女性が脚を伸ばしたまま挿入を行う体位のことです。

こちらの体位は、彼女がクリトリスでイキやすい、という方にオススメ。挿入が浅くなる分、抜き差しの時にクリトリスをこすることができ、女性をもだえさせることができます。また、男性でも摩擦を気持ちいい感じる方にはたまらない体位です。

③屈曲位

こちらも正常位の変形体位で、女性が体を丸くし、男性は通常の正常位より前かがみの態勢で挿入する体位のこと。

この体位だと、女性の膣は上向きになるため、より奥深くまでの挿入が可能になります。また、女性にとって大胆な格好になるため、羞恥心から快感に繋げることも可能になります。激しいセックスをしたい、という方にピッタリの体位といえるでしょう。

ただ、若干無理のある体制のため、女性に負担がかかりやすいのが難点。長時間は避けた方がいいかもしれません。

④立位

立ったまま行うのがこの体位。男女が向き合う対面立位と、立ちバックとも呼ばれる背面座位があります。

「ベッドがあるのになぜわざわざ立つのか」と考えている方もいるかもしれませんが、その考えはもったいない! 立位はマンネリ化を解消するにはピッタリの体位なんですよ。

おすすめは、ベッドではない場所で行うこと。例えば、鏡の前に移動し、姿を見ながらセックスをすると、普段は見れない彼女の姿を見ることができます。身長差がある場合は、段差などを利用してみるのも良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか? 今回紹介したもの以外にもまだまだたくさんの体位があります。女性とふたり、様々なバリエーションを試してみてはいかがでしょうか? 刺激的で、豊かなセックスライフを楽しんでくださいね。

Photo:Getty Images
Text:R.S.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO