TOP > COLUMN > 女子会のホンネ
WOMAN ー 女子会のホンネ

女子会のホンネ

男心をもてあそぶ!「エア恋愛」にハマる美女にご注意あれ!

2017.10.21
2017.10.21

バーチャル恋愛で女性ホルモンをキープする美魔女たち

家事や子育てといった主婦業と、残業も厭わない多忙な仕事を立派にこなすワンダーウーマン美樹ちゃん。ツヤっぽい出で立ちとはっきりと意見を言うさっぱりした明るさで昔から人気者だった彼女。
久しぶりに会ったら、エア恋愛がメンタルリッチにしてくれると話してくれました。

●想像力がエロさに拍車をかける
美樹「愛情は旦那が一番よ。結婚して10年経ってるけどいまでも大好き。でも恋愛となるともうしばらくしていないから、旦那以外の男性と食事に行くときは、頭の中でこの人と恋愛したらこんな感じなのかなって妄想膨らませて楽しんでいるの。」

「妄想しながら男性と食事・・?」

美樹「そうよ~。一緒にいて楽しいなとか指が綺麗だなとか。あ、旦那に断って行ってるわよ。信頼関係あるから大丈夫。」

「でも二人だとムーディになっちゃうことないの?」

美樹「そうねぇ、それはコントロールするかな。私おしゃべりだから極力聞くようにしてるし、喋りたいコト3割おさえて話すペースもゆっくり、そして常に笑顔。おもてなししてあげるの。相手が心地よく感じているのがわかると嬉しいし、エア恋愛で心が潤うし」

「だから、相手が勘違いしちゃわない?」

美樹「ふふ、そうねぇ。もしかしてイケる?ってその先を期待してるかもだけど、一切ない。今までも一度もない。笑顔でさわやかにじゃぁね~って帰るのよ。そのほうが相手も“なんで?“って気になるじゃない?」

そんなシチュエーションで明るく帰られたら男性は身もふたもないはず。でも実際はそれがイヤじゃないらしく、そのあとも何度もお誘いがくるのだとか。手に入るようで入らない微妙な感じの方が、お互い余白があって必要以上に楽しめるということ?

美樹「何もしない方がエロいって私思ってるから。妄想する頭の中では何したって自由よ。」
私「う、うん・・。」
美樹「そうよ。食事をしただけだから、私のこといろいろ想像してまた連絡くれていると思うのよね。何想像されてるかな~って考えるとエロいでしょ?」
女性は身を守り、子孫繁栄のために想像力(妄想力)に長けていると言いますが、美樹ちゃんはその長所をココで活かしているようです。

そういえば、よく見たら彼女は女性特有のふっくらと丸みを帯びた体つきで、お肌はツヤっとしていてもちっとした肉感はちょっとそそられる・・意識して見れば見るほどエロい要素が見つかってしまうような。彼女のことを知らないからどんどん膨らむ妄想・・これは巧みなトラップなのかもしれない。

●男女関係は持ちつ持たれつ
美樹ちゃんのエア恋愛に付き合わされる男性たち。いや、エア恋愛を発展させようとチャレンジしている勇敢な男性たちなのか。どちらにしても彼女の中では旦那がダントツ一番でそれ以外は絶対にないのだから、男性の狩猟本能を掻き立てる「手に入れたい願望」は成就しないのよね。ただ、メリットもそれなりにあって、男性は話を受け入れてもらい、讃えられて自尊心が満たされること、女性はメンタルが潤いおいしいものが食べられること。恋愛に似たムーディな時間を共有しながら、かみ合わないようでかみ合うひとつの時間。

美樹「あ、相手は独身男性のみにしてる。既婚者同士だとややこしいからね。それにいつもエア恋愛してるわけじゃないわよ。ときどきだからね!旦那が一番だから実際にほしいとは思わないもの。一線を越えてしまったら、誰も得をしないしね」

男女の雰囲気に浸っても、肝心な最後は何もせず。残る余韻は・・大人にしかわからない深部にじわじわくる味わい。しっかり囲いをつけて、思わせぶりに男性の心の襞(ひだ)をなぞっているのです。このやり方はズルいですか?

●女性が仕掛ける恋愛ごっこ
「あれ? ここまで来て続きはないの? 俺のこと気になっているんじゃないの? 押しが足りなかったかな…もう一回誘ってみよう」。なんて、何度も誘っているのに進展がない女性って周りにいませんか。もしかしてエア恋愛の対象にされてしまっているかも…。
旦那、子供、家庭、仕事、恋愛、おいしいもの、リラックス、美しさ、ときめきなど、賢くたくましく生きるのに欲張りな女性たち。直球で「モノにしたい!」と思う男ゴコロをよそに「何もしない方がエロい」と一線を越えず、男ゴコロに余韻をのこす欲張りな女性に心を持っていかれないようご注意あそばせ。

土屋亜津子
アロマ&カラーリスト。アロマテラピーや色彩心理、パーソナルカラーを通じて、OL・読者モデル向けに、ビューティーセミナーやお茶、イベントを2005年から定期的に開催。1万人以上と接する中で、女子・女性の本質や法則を分析。企業から「女性の意見」を求められることが増え、女性マーケティング事業に携わる。
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO