TOP > COLUMN > 「お金の残酷な真実」
BUSINESS ー 「お金の残酷な真実」

誰も教えてくれなかった「お金の残酷な真実」

リボ払いは借金生活への入り口!知らないと損するクレジットカードのカラクリ

2017.8.26
2017.8.26

今月苦しいから、リボ払いで。翌月はさらに苦しくなる、その理由とは?

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの工藤将太郎です。

あなたも普段の買い物でクレジットカードを使うことがあると思いますが、支払い方法はどうしていますか?

「一括払いです」というあなたはお金の優等生。「分割払いです」というあなたは、条件付きで「可」としましょう。

問題は、残るもう一つの選択肢です。

まさかとは思いますが、あなたは「リボ払い」を使っていませんよね?

「使っていますが、何か問題でも?」

いけません……。そんなあなたは、すでに恐ろしいお金のワナにハマっています!

まだ使っていなくても、「よくカード会社から『便利なリボ払いに変更しませんか?』という案内メールが来るので、切り替えようかなと思っていたところです」という人がいるかもしれません。

でも、ちょっと待った! リボ払いにだけは絶対に手を出してはいけません。なぜなら、リボ払いは「借金を雪だるま式に膨れ上がらせる仕組み」であり、カードを使う人が損をするように作られているからです。

私のもとに来る相談者の中にも、リボ払いで買い物を続けた末に借金地獄に陥り、「何とかしてほしい」と泣きついてくる人がたくさんいました。今回はなぜリボ払いが危険なのかを説明しますので、その仕組みをぜひ理解してください。

そもそも「リボ払い」とは何かと言えば、「毎月の支払額が一定になる返済方式」です。

毎月の支払額はカード会社が設定する最低額より多ければ自由に設定できるので、10万円のスーツを買ったとしても、毎月5000円や7000円ずつの支払いで購入が可能です。よってカード会社は、「手元に大きなお金がない人でも、無理なくお支払いができます」という謳い文句で、リボ払いを勧めてきます。また最近では、「リボ払いにすると、ポイントが2倍に!」といったお得なキャンペーンまでつけて勧誘に力を入れているカード会社が増えています。

しかし、なぜそこまでして勧めるかと言えば、「リボ払いにすると、カード会社が儲かるから」です。はっきり言って、カードを使う側にメリットはありません。

「毎月の返済額が一定になることがメリットじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは裏を返せば、「支払い総額が増える」というデメリットでしかありません。返済方式でリボ払いを選択すると、「手数料」がかかります。カード会社によって多少の差はありますが、平均で年15%ほどの手数料が一般的です。

そもそもこの15%という手数料自体が高いのですが、さらにリボ払いが恐ろしいのは、買い物に使った金額(元金)だけに手数料がかかるのではなく、「元金+手数料(利息)」に対して、さらに手数料がかかるという点です。つまり、利息に利息が上乗せされて、どんどん膨れ上がっていくのです。この仕組みを「逆複利」と言います。先ほど「雪だるま式に借金が増える」と言ったのは、これが理由です。

これだけ聞いても、まだピンと来ないかもしれませんね。

では、先ほどの「10万円のスーツを買った場合」で考えてみましょう。この時、「一括払い」なら手数料はかかりません。「分割払い」でも、支払い回数が2回までなら手数料がかからないことがほとんど。たいていのカード会社は「3回払い」から手数料がかかるので、それ以下の支払い回数にすれば手数料を払う必要がありません。

もし3回払いで購入したとしても、手数料が年15%なら支払い総額は約10万2000円です。分割払いの場合、手数料はあくまで10万円という元金のみにかかるので、この場合なら「3万3333円+手数料」を3回支払えば返済は終わりです。支払い総額も支払い回数も明快なので、「身の丈に合わないほどの高額な買い物はしない」というルールさえ守れば、計画的な返済ができるでしょう。最初に私が「分割払いは条件付きで可」としたのは、そのためです。

では、リボ払いの場合はどうなるでしょうか。

10万円のスーツを「月々の返済額5000円」のリボ払いで購入すると、返済期間は24ヶ月、支払い総額は約12万円になります。よって、分割3回払いの支払い総額である約10万2000円より、1万8000円も多く利息を支払うことになります。これが「逆複利」の効果です。

もちろん、約2万円の利息分はすべてカード会社の儲けです。自分が着るスーツは10万円なのに、利息だけのために2万円も余分に払うことが自分にとってメリットになるのか、冷静に考えてみればわかるはずです。

さらに怖いのは、24ヶ月の返済期間が終わらないうちに、またリボ払いで買い物をしてしまった場合です。月々5000円を返済しても、途中で3万円の靴をリボ払いで買ったら、その分カードの利用残高が増えて、その金額に対してまた手数料がかかります。それでも毎月手元から出ていくのは5000円だけなので、「自分の借金が増えている」という感覚は薄れ、どんどんリボ払いで買い物をしたくなってしまうのが本当の落とし穴です。

そして、気づいた時には借入総額が何百万円にも膨れ上がり、ついには自己破産に追い込まれてしまう。そんなケースが実際に増えています。その多くは、サラリーマンや主婦などごく普通の人たちです。一時期テレビCMでも「リボ払いならお金にゆとりができます」と盛んにアピールをしていましたが、リボ払いはあくまでも「借金」。しかも、一回の支払額が少なくて済む代わりに、支払い総額と支払い回数がどんどん増えていく悪魔のような仕組みです。一度でもリボ払いを使えば、それが借金地獄への入り口になるのだと肝に銘じてください。

最近は、クレジットカードの初期設定が「リボ払い」になっているという信じられないトラップが仕掛けられている場合もあります。「自分は大丈夫」と思っている人も、手持ちのクレジットカードの設定をよく確認してみることをお勧めします。

そしてクレジットカードを使うなら、必ず一回払いか分割払いにするとルールを決めること。自分が稼いだ大切なお金を有意義に使うためにも、賢く買い物を楽しみましょう。

Text:Shotaro Kudo
Edit:栗P

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
代表取締役 社長
工藤 将太郎(くどう・しょうたろう)

日本生命にて、外資系金融機関(証券・銀行・投資顧問)や、私立大学を中心とした学校法人の確定拠出型 企業年金や、弔慰金制度などの福利厚生制度の構築に従事。 積極的に行ってきた不動産投資や海外投資、そして必要最低限の生命保険活用を通して、“マネーパズル®”や “ハイブリッドプランニング®”など独自のノウハウを確立し、2011年に株式会社クレア・ライフ・ パートナーズを創業する (2012年法人設立)。 2016年からは、国内外の不動産、金融商品情報提供、法人節税対策、事業承継・相続税対策や所謂プライ ベートバンク口座開設サポート(アジア地域・欧州)、海外法人設立サポート事業を手掛ける。 事業オーナーだけでなく、顧問先の企業社員や顧客を対象として金融教育事業にも注力している。

 

クレア・ライフ・パート-ナーズへの問い合わせは下記からどうぞ!
http://crea-lp.com/

Amazonページ:入社1年目から差がついていた! お金が貯まる人は何が違うのか?

Amazonページ:30歳からはじめる一生お金に困らない蓄財術

セミナー紹介
http://crea-lp.com/seminar/next-step/

CLP公式HP
http://crea-lp.com/

CLP公式ブログ
http://crea-lp.com/blog/

不安系男子ユキオくん
http://yukiokun.com/

はたみそblog
http://yukiokun.com/hatamiso

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO