TOP > COLUMN > 干場の「エコラグ」
FASHION ー エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

ホールド感ナンバー1!日本人の髪を知り尽くした、超オススメのヘアワックスとは?

2017.9.3
2017.9.3

スタックして収納できる、デザインキューブ

こちらはUEVO(ウェーボ)の「デザインキューブ」というヘアワックスです。かれこれ18年くらい通っている表参道の美容室「アルファラン」のスタイリスト、越智めぐみさんにすすめられて使っている商品です。越智さんとは知り合って以来、『ジャスト』(TBS)や『なないろ日和!』(テレビ東京)、『にじいろジーン』(関西テレビ)などのテレビ出演でもご一緒させていただいているのですが、初対面のときのインパクトが強烈でして……。スタイリストの友人に紹介してもらってヘアカットに行ったとき、いきなりひと言、「ヤバい」ですからね(笑)。「こんなに傷んでバサバサの髪を放置していたら、絶対にモテない」と。当時は、長さもミディアムロングくらいで、確かに髪の毛に関しては無頓着。ケアらしいヘアは、ほとんどしていなかったですから。

で、その後、独立したら、これまではファッション業界が主戦場だったんですが、異業種の社長さんなんかともお会いする機会が増えて、スーツを着る機会が多くなり、現在の髪型に落ち着いたんです。それが7〜8年前ですかね。ウェーボのデザインキューブはそれからずっと愛用しています。「デザインキューブ」シリーズのなかにも、ワックスとジェル、グロスがあって、全部で10種類をラインナップ。僕が使っているのは、グレーの「ドライワックス」で、強いセット感とマットな仕上がりが気に入っています。すごく自然で、無造作な感じに見えるのもよくて……。

あと、これはスタックして収納できるのもいいですよね。しかも、80グラムで1,400円とお手頃価格なんで、まとめ買いすることをおすすめします。ショートヘアって、スタイリングが命、みたいな部分があるじゃないですか。以前はジェルを使っていたこともあるんですけど、ツヤ感がありすぎで、しかもホールド感もイマイチだったんですよ。その点、このウェーボの「ドライワックス」は、朝、親指の先の半分くらいの量を手のひらでよく伸ばして、髪全体を握るようにしてなじませるんです。その後、根元を持ち上げて、ふんわりさせながらスタイリングして完成。これだけで、ちょっとやそっとの風じゃあ乱れません。まぁ、多少乱れても手ですぐに手直しできるから、すごく便利なんですよね。

このウェーボを販売している会社は、DEMI(デミ)っていうんですけど、30年以上前からデミ毛髪化学研究所を設立して、日本人の毛髪・頭皮を化学的に分析・研究してきた実績があって、いろんな賞も受賞しているんです。人気のサロンからの信頼も厚いし、これは本当に出合えてよかったヘアスタイリング剤。ドン・キホーテなんかにも売っているので、いつも大人買いしちゃうんです(笑)。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYL

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO