FASHION ― エディター ヤナカの「こじラグ」

スニーカーの域を華麗に飛び越えた、エルメスの「ネット」とは?

2017.8.4 2017.8.4
2017.8.4
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせてるのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかは分かりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

結局1年経っても箱の中で眠って貰ってるわけで…。

さて、61回目は「エルメス(HERMÈS)」のスニーカー「ネット(NET)」。40歳の誕生日を自らで祝うべく清水ダイブしたんですが、相変わらずというか…、まだ一度も履いてないママです(笑)。ターボ同様、世間に履いてるヒトが少なくなる頃に履いてやろうかと企んでいたんですが、人気があるようで、ずっと継続され、さまざまな色や素材を続けざまにリリース。2017年秋冬シーズンも何種類か新たなカラーが登場していました。

ただ、柔らかいゴート[ヤギ]と、ヴォー・バレニア[雄仔牛]を切り替えて、絶妙なカラーリングで仕上げたこのコを超えるものは出てきてはいません。履き心地はスニーカーなんですが、贅沢に使われたレザーはスニーカーとは思えないラグジュアリーさ。あっ、価格もでしたけどね(笑)。球数も少なかったのか、コレ履いてるヒトにはいまだ出逢ったことがありません。

となると、おろすタイミングがなかなか決められず、箱の中でノンビリと休んでもらっているんですが、気がつきゃ1年が過ぎて、つい先日41回目の誕生日を迎える始末…。箱の中で眠る「マイルス」の存在を忘れたことにして、また靴を探してるというんだから世話がない。

シュークローゼットの中には、まったく日の目を見ない靴だらけだっていうのに…、新しい靴を買うのはもう辞めようとココロに誓ったはずなのに……。街へ繰り出すと、どうも靴ばかりに目がいっちゃう。既製の服で欲しくなるモノに出逢う機会が少なくなったせいだと思うんですが、だからって靴を買っていい言い訳にはなりませんよね。

しかも、このまま欲しい靴ばかり買ってたら、既製靴で欲しいモノもなくなって、ビスポークなんて方向にも…。おぉ〜、コワっ

 

 
言うてますけどね〜。
 
とりあえず、"まずは、ある靴を履く"を41歳の抱負に掲げようと思います。ただ、あそこにスゴく気になるスニーカーがあって、じつはお取置きしちゃってるのは ホントここだけの秘密です。

Photo:Riki Kashiwabara
Text:Ryutaro Yanaka

『FORZA STYLE』シニアエディター
谷中龍太郎

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO