TOP > NEWS
FASHION

天才、ピエール・アルディが手掛けた
大人が愉しめるモードスニーカー

2017.6.29
2017.6.29

名作スライダーの新作 ブラック×ガムソールも登場!

2017年春夏は、厚底スニーカーが空前の大ヒット! 先日、イタリア出張に行った際もミラノの街中でパパラッチしていたのですが、Tシャツにデニムやショーツを合わせ、足元には厚底スニーカーというシンプルだけど、ちょっぴりモード。そんな粋な着こなしをした、大人のダンナをよく見かけました!

私自身、モード、スポーツといったジャンルを問わずさまざまなスニーカーが大好物。今シーズンは、厚底のスニーカーを数足買い足しました。探すポイントは、子供っぽく見えないような高いクオリティと、アクセサリー感覚で履ける、こなれたデザインです。そんな要素をバッチリ含んだ、今一番気になっていて、一番欲しいスニーカーをご紹介したいと思います!

スライダー (白) 6万2000円(税抜)

ミニマルなスタイルと芸術的なデザインが融合したデザインで知られるフランスのシューズブランド、「PIERRE HARDY(ピエール アルディ)」。幾何学模様やすっきりとしたモノトーン、異なる色調の組み合わせなど、多彩な側面を併せ持つコレクションとして知られ、あのエルメスのシューズデザイナーとしても有名です! 私が今喉から手が出るほど欲しいシューズは、ピエール アルディを代表する名作、「スライダー」。

まるでスリッポンのようにシューレースのない、ミニマルなフロントが特徴で、一度見ると忘れられない、モード感溢れる近未来的なデザインが印象的です! 白スニーカーって、世の中に数えきれないほど溢れていますが、このデザインは唯一無二。個性を欲しがっているダンナに間違いなく刺さるはず! もちろん、履き心地も折紙付き。柔らかいカーフ素材が、足を優し〜く包み込んでくれるので、長時間履いても疲れにくいのです。

厚底なので、足が長く見える効果もアリ! 短足コンプレックスな私には欠かせない、嬉しい仕様に仕上がっています。今年なら、ドロップショルダーのオーバーサイズTシャツに、細身のパンツを合わせて、シンプルに履きこなすのがオススメ。黒と白のモノトーンでまとめれば、リラックスしながら、都会的な着こなしを楽しめます。

スライダー(黒) 5万8000円(税抜)

そして、早くも2017秋の新作として、待望の新色も登場! こちらは、ブラックカーフにガムソール(茶)の2トーンモデル。モードとカジュアルが融合した素材と色合わせによって、幅広いコーディネートを楽しめますよ!

ジャケットやスーツのハズシに使ってもOK。自分だけのオリジナルな履き方を考えて、楽しむのもこのスニーカーの醍醐味です。って、書きながら、ますます自分が一番欲しくなってるっていうオチ(笑)。みなさまも、ぜひスニーカーコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

Photo:Tatsuya Hamamura
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ピエール アルディ 東京
03-6712-6809

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO