TOP > NEWS
FOOD

ミッドタウンでオーガニック! 「ル・パン・コティディアン」で楽しむ絶品グリルメニュー

2017.6.16
2017.6.16

美味しいお食事とマンウォッチングが あなたの心と身体を優しく刺激する

最近友人とのランチの会話は、もっぱら“健康”について。自分の身体の不調を自慢話のように代わる代わる披露し合う……、そんなひと時を笑いと涙を交えながら思いっきり楽しんでいます。そんな私たちが条件反射的に反応してしまう言葉。それは「オーガニック」。

今回は、そんな私たちのハートに突き刺さる言葉が最大の特徴である、ベルギー発のベーカリーレストラン「Le Pain Quotdien(ル・パン・コティディアン)」が東京ミッドタウンにオープンしたという話を聞きつけ、早速ランチに行ってまいりました。

 

天井が高く、開放的で木のぬくもりが感じられる温かみのある店内で、ひときわ目を引くのは壁に貼り付けられたカラフルなアンティーク家具の数々。本国ベルギーからわざわざ取り寄せたという北欧特有の色合いの家具のディスプレイが、店内を一層心地よい空間に仕上げてくれています。

 

店名の「Le Pain Quotidien」とは、フランス語で「日々の糧」という意味。一緒にテーブルを囲み、食事をする喜びの気持ちを込めてつけられたそう。

今回注目したいのは、ここ東京ミッドタウン店ではディナーメニューも楽しめてしまうところ。全世界に250店舗以上を展開するル・パン・コティディアンの中でも、東京ミッドタウン店だけなのです。

岩手県産 奥州いわい鶏のスパイシーグリル 2,390円(税抜)

特にオススメなのは、「37 Steakhouse & Bar」や「37 QUALITY MEATS」などの肉料理専門店を手掛ける株式会社スティルフーズ監修による上質で本格的なグリルメニュー。そして一緒に楽しみたいのは、オリジナルワイン「RN13」をはじめとするBIOワインと、オーガニックのオリジナルカクテル。これまでのル・パン・コティディアンでは味わうことができないフードペアリングを楽しむことができるのです。

 

私が訪れたのは平日のランチタイム。スライスしたオーガニック小麦のウイートブレッドを使用したオープンサンド“タルティーヌ”をいただきました。色鮮やかな素材で盛り付けられ、お味はもちろんのこと、見た目にも美しい仕上がりで大満足でした。また、お料理と一緒に楽しんだのが“マンウォッチング”。

 

大きな窓の外に見えるのは、東京ミッドタウンを行きかうお洒落ピープル。彼らの装いとオーガニック小麦のパンを中心とした、毎日体に取り入れたい健康的なお食事とのペアリング……、最高でした♡

ブランチからディナーまで、幅広いシーンで利用できる新しいタイプの店舗にぜひ足を運んでみてはいかがですか? オススメですよ。

Text : Akiko Uehara

メイン画像:USプライムビーフ リブステーキ 270g 6,790円(税抜)

【問い合わせ】
Le Pain Quotidien 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウエスト プラザ1階
03-6804-5879
営業:7:30~23:00(L.O.22:00)
http://www.lepainquotidien.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO