TOP > NEWS
WATCH

東京オリンピックのさらに先へ オメガと五輪の蜜月関係

2017.6.7
2017.6.7

オリンピック大会の偉大な記録を支え続ける、オフィシャルタイムキーパーとしての矜持

オリンピックの中継で自然と目に入る、おなじみのロゴマーク。オメガとオリピックとのパートナーシップは、1932年のロサンゼルス大会からはじまりました。

それ以来、27回のオリンピック大会でオフィシャルタイムキーパーを務め、その間、スターティングピストルから競泳用のタッチパッド、最先端の計時装置の開発、導入にいたるまで、すべての競技において計時に責任をまっとうしてきました。

 

このパートナーシップが、2032年の第35回オリンピック大会まで続くという発表が、先日スイス・ローザンヌにあるオリンピック ミュージアムにて、スウォッチ グループCEOのニック・ハイエック、オメガ社 社長 兼 CEOのレイナルド・アッシェリマン、およびIOC会長のトーマス・バッハ氏によって行われました。

スウォッチ グループCEOのニック・ハイエックは、「オリンピックは世界で最も心を揺さぶられるイベントのひとつであり、オリンピックのメダルはスポーツに関わる者にとって究極の夢です。スポーツを通じた結束というオリンピックのメッセージは、世界中の人々の心を引きつけてやみません。人々はさまざまなメディアを通して競技を観戦し、お気に入りのアスリートを応援します。1932年以来、オメガは光栄にもこうした感動の一翼を、メダルの色を分けるコンマ1秒、たった数ミリを計測することで担ってきました。この伝統を、オメガがオリンピックとパートナーシップを結んで100年となる2032年まで継続することを喜ばしく、また誇りに思います」と述べました。

IOCのトーマス・バッハ会長は、オメガとIOCのパートナーシップの延長を熱く歓迎します。「オメガはスポーツの計時における世界的なリーダーであり、2032年まで契約が延長されたことで、信頼性の高いオメガの専門技術をオリンピックのアスリートたちに引き続き提供できるようになります。2032年はオメガの計時機器が初めて使用されてから100年となる重要な節目の年です」

 

これについて、IOCの竹田恆和マーケティング委員長は、以下のように話しました。「オメガが2032年までの契約を結ぶ最初のワールドワイド オリンピックパートナーとなったことを大変うれしく思います。また、オメガとIOCの長期にわたる関係において、オメガがパートナーシップを12年という単位で延長することもはじめてであり、オリンピックおよびIOCのコマーシャルプログラムが好調であることを明確に示しています」。

3名のコメントからもわかるように、今までも、そしてこれからも、オメガが「世界最高の競技会で、完璧な計時を行う」という目的は変わりません。歴史に残る瞬間を記録し、我々に多くの感動をもたらしてくれることでしょう。

Text: Tsuneyuki Tokano

【問い合わせ】
オメガお客様センター
03-5952-4400
http://www.omegawatches.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO