TOP > COLUMN
FASHION

【プロデューサーがオーダー初体験】HANABISHIなら3万通り以上から選べます!

2017.6.6
2017.6.6

メイド・イン・ジャパンにこだわった 3万9000円〜の本格オーダーの中身

40代のビジネスマンにとっては、スーツは言わば"戦闘服"のようなもの。クライアントはもちろん、女性からの第一印象を決定付ける大切なアイテムですよね。しかし、20代になんとなく既製で購入したスーツをヨレヨレのまま着続けていたり、サイズ感やデザインをひと昔前の感覚のまま買い続けている人も、電車内では多く見かけます。

そんな人の意見を聞くと、「何が自分に似合うかわからない」とか「自分のサイズがよくわからない…」など、基本的なところでつまずいている人が少なくないようです。そこで、オススメしたいのが“オーダーメイドスーツ”。オーダーと聞くと、「高価で敷居の高い」。そんなイメージを持たれている方も多いと思います(実際、高額なオーダーも多数存在します)が、今回紹介するのは「低予算でも長く愛用できるこだわりの一着を作りたい!」 そんな要望に答えてくれる、1935年創業のテーラー「HANABISHI(ハナビシ)」です。

こちらのオーダースーツの魅力は、3万9000円〜という既製を買うのと変わらない手頃な価格帯。しかも、100%国内自社縫製にこだわるという、安定したクオリティの高さ。さらに、生地、スタイルにはじまり、ボタン、裏地、襟型、袖口、ポケット、ベント、パンツなどさまざまなパーツまでも細かくオーダーできます。その組み合わせの数、なんと30,000通り以上!

納得するまで、とことんこだわって、自分好みの1着を作ることができるのです。楽しみながらオーダーできる気軽さが良いですよね。今まで、スーツにこだわりがなかった人でも、一度味わうとかなりハマってしまうらしい……。

さて、今回は『FORZA STYLE』のプロデューサー、栗Pが6月のイタリア出張用に着ていく"一張羅"を求めて、HANABISHIのオーダーに初挑戦することに! さてさて、どんなスーツをオーダーしたのでしょうか? 早速、その模様をお届けします。

訪れたのは、2017年3月16日OPENしたばかり! 19店舗目となるHANABISHI銀座店です。広々として落ち着いた店内は、高級サロンさながら。栗Pもソワソワと落ちつきのない様子……。

しかし、ご安心ください! 知識豊富な頼もしいスタッフの方々が、笑顔で丁寧にエスコートしてくださいます。まずは、生地選びからはじめるようですね。

1 生地を選ぶ

スーツの印象の重要な決め手となるのは、生地選び。柄や色合いといった見た目はもちろん、クオリティにまでこだわるダンナには30万円を超えるような最高ランクの「エルメネジルド・ゼニア」製のものまで用意されており、さまざまなニーズに合ったオーダーも可能です。

今回の趣旨は、世界中からお洒落なダンナが集まるイタリアのファッション見本市、ピッティ ウオモに着て行くスーツ。その提案を元に、ビジネスでもお洒落に着られるトレンドな生地を提案していただきました。今季注目、"英国調のチェック柄"です。「ちょっと派手じゃないかな〜」とやや心配気味のご様子ですが……。中でもネイビーベースの柄が意外にもかなり似合う! 今までの印象をガラリと変えるために、ココはひとつ勝負! 生地はご提案していただいたコチラに決めました。

2 モデルを選ぶ

生地選びが終わると、次は重要なモデル選びです。ジャケットのベースとなるシルエットやボタンの数、ベントの仕様、さらにはラペルのデザインまで細かくオーダーが可能なのですが……。 今回は、辣腕プロデューサーの貫禄を出すために、思い切って初となるダブルに挑戦することに!

さらに、襟型はドレッシーなピークドラペルをチョイスし、モダンなブリティッシュダンディを目指してみました。いつもと違ったチャレンジができるのもオーダーの醍醐味ですよね。オンリーワンな一着は、自身のなりたいイメージを元にフィッターと相談しながら作られていくので安心です。それにしても、かなり攻めてます。

3 採寸

選んだモデルを実際に着て、細かな修正箇所を見ていきます。既製品で、泣く泣く妥協して着ている人も多いかもしれませんが……。スーツはなんと言ってもフィッティングが命! 肩まわりや胸まわり、ウエストの細さ、着丈の長さなどミリ単位で修正していきます。

4 パーツを選ぶ

今度は、各パーツ選びです。見栄えを左右するボタン選びはもちろん、普段は見えない裏地も思い切り個性を楽しむことができます! 表地との色合わせやテイストのバランスを考えれば、ジャストなパーツが必然的に見つかります(ビジネスで使用する場合は、派手すぎは要注意です)。さあ、どんなスーツに仕上がるんでしょうか〜?

オーダーから約4週間後……。

出来上がったスーツを取りに来ました! 早速、スーツを見せてもらうことに。見栄えは、イメージ通りで完璧〜! さあ、いよいよ実際に着てみましょう!

 

「凄く良い!」。喜びの声を上げてフィッティングから出てきたプロデューサー。 貫禄のある上品なスーツですが、体にフィットした細身のシルエットによって、若々しい印象も手に入れました。足元を優雅に見せたいという要望どおり、裾はあまり短くせず、ハーフクッションのダブル幅4㎝に仕上げています。

それから、袖口はオーダーならではの本切羽仕様に。そして、チェンジポケットやネーム付けなども追加。こうした細かなオーダーまで全て無料で加えることができるんです! 嬉しいサービスですよね。その他にも無料オプションは、たくさんありますので、ご相談してみてください。

想像以上の出来栄えに大満足のご様子。そして、「早くも2着目作ろうかな」と検討中とのこと(笑)。

さあ、みなさまも予算に合わせて、オンでもオフでも自分の個性を楽しむ戦闘服(スーツ)を作りにHANABISHI銀座店を訪れてみてはいかがでしょうか?

Photo:Tatsuya Hamamura
Edit,Text:Satoshi Nakamoto

【取材協力】
HANABISHI 銀座店
03-5524-1091
東京都中央区銀座1−7−17 銀座一丁目ガス灯通ビル 1F/2F
営業:11:00〜19:30 定休日:毎週水曜日
http://hanabishi-housei.co.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO