TOP > COLUMN > 干場の「エコラグ」
FASHION ー エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

第186回 首元に変化をもたらすブリッラ ペル イル グストのドレスシャツ

2017.6.13
2017.6.13

タブカラーシャツでマンネリな着こなしを打破

つい先日、原宿のBEAMS Fで買ったばかりの二枚です。グレーかネイビースーツに白シャツ、それにグレーかネイビータイというのが僕の定番スタイル。少し前まではそれにイタリアのイメージで茶靴を合わせていたんです。なるべく都会的に見えるように、濃い茶を選ぶようにしていたんですけど……。でも、それにも少々飽きてしまって、もっと都会的に見えるように黒靴を取り入れようと思ったところ、なかなか気に入ったものがない。そこで、探す対象をアクセサリーにまで拡大したところ、黒いネクタイに目が行ったわけです。そうしたらハマってしまって、ほとんど毎日そればっかり。スタイルにまったく変化がなくなって、こりゃマズいなと思いまして(苦笑)。

前置きが長くなってしまいましたが、それでBEAMS Fに駆け込んだんです。あそこのスタッフに相談すれば、妙案を教えてくれるかもしれないと思って。ああだ、こうだのやりとりはあったんですが、「それならシャツを替えてみませんか」というアドバイスがあって早速、試着してみたところ、同じ白シャツでも首元がキュッと締まって見えるのが新鮮でなんだかいい。クラシックなのに、モダンな感じがしてすぐに気に入ってしまいました。さらにそのスタッフにすすめられて、クレリックタイプも一緒に購入!(笑)。でも、ほんと首元の違いだけでも、印象にすごく変化が出るんですよ。皆さんも騙されたと思って、ぜひ挑戦してみてください。

こんなことをいっては失礼ですが、ブランドはなんだっていいんです。でも、結果的に僕のお洒落の師匠である、無藤和彦さんがディレクターを努めるブリッラ ペル イル グストを選んでしまうあたりは、やはりセンスが通じるものがあるんでしょうね。素材はロイヤルオックスフォードで、前立てがあるデザインも、ボタンダウンシャツを彷彿とさせます。こういうところが本当にこのブランドは上手いんですよね。襟も小ぶりでスマートですし。

クレリックタイプを追加で買ったのはちょっとした理由がありまして。結構前に、ジョルジオ アルマーニでサックスブルーのシャツにネイビータイを合わせたキャンペーンビジュアルがあったと思うんですよ。ブランドの記憶が定かではないのですが、それがカッコよくてね。あの組み合わせを今のサイジングでやりたいと思っているんです。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO