TOP > NEWS
FASHION

干場が自腹買いした
M-65界のロールスロイスとは?

2017.5.12
2017.5.12

エルメネジルド ゼニアの フィールドジャケットが激売れしている理由

「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という編集長・干場の哲学において、一番大きなポイントは、ずばりアウター選びです。目の肥えた干場が、この春自腹買いしてTV出演時にも着用するなど、反響の大きかったエルメネジルド ゼニアのアイテムを改めてご紹介したいと思います。

フィールドジャケット 36万9,000円(税抜)

『M-65界のロールスロイス』と表現するフィールドジャケットがその一着。干場が今一番気に入っており、着用率が非常に高いこのアイテムのキモは、干場が最もこだわる素材の良さにあります。

ゼニア独自の「エレメンツ」という機能素材は、マイクロンスフィアトリートメントを施しており、寒いところではそのフィルムが閉じ、暖かいところではそれが開くため、体温調節がしやすいのが特徴。ウールにもかかわらず、サラサラした手触りで、端境期にピッタリの素材です。軽量かつ通気性にも富み、着心地も抜群。

カジュアルにもセミフォーマルにも使える絶妙の丈の長さが特徴で、腰回りにあるアジャスターを使えば、ラフな、それでいてエレガントなワンランク上のカジュアル感が演出できます。また、トリムにレザーをポイント使いしていることも外せないポイントです。スーツの上に着ていても全く違和感のないエレガントさを醸し出し、撥水性もあるので悪天候のときにも安心。これを1着持っていれば、出張や旅行を快適に過ごすことができるのです。

干場がこれを着るときのコーディネートのポイントは、ずばり「エロサバ」。普段のネイビージャケット&グレーパンツの上にサラリと羽織るだけでOK! シンプルに着ることで素材の良さが引き立つんですよね〜。カジュアルなら、白いショーパン&ブラウンスエードシューズを合わせてミラネーゼスタイルを楽しむなんてのもアリ! その際は、こんがりと日焼けした健康的な肌づくりをお忘れなく〜。

干場がここまでハマった一着は、本当に久しぶり。確かに、高額なんですがここまでプッシュされたら、一度は袖を通してみなきゃですよ、ダンナ! ぜひ、お近くのエルメネジルド ゼニアのショップにGOです。

Photo:Tastuya Hamamura
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ゼニア カスタマーサービス
03-5114-5300
www.zegna.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO