TOP > COLUMN > SONY元社員の艶笑ノート
BUSINESS ー SONY元異端社員の艶笑ノート

SONY元異端社員の艶笑ノート

SONY元異端社員の艶笑ノート「あげまんの底力」

2017.3.18
2017.3.18

あげまんのなつめちゃん

食堂で出会った競馬好きのなつめちゃん。
彼女は「あげまん」を名乗ったが、その力は本物で、一緒に行くと不思議と勝てたのは前回お話しした通りである。

なつめちゃんとはそれからも時々競馬に行くようになった。
あげまんの彼女と知り合ったことは、まるで魔法の杖を手にしたようなものだった。常識的には来るはずがないような馬が、彼女が買うと来ることがたびたびあったからだ。

競馬には中央競馬と地方競馬があり、大きなレースが行われる中央競馬は土日だけしか行われないが、地方競馬は平日にやっているため、仕事が終わった後に行くこともできた。

なつめちゃんとランチで一緒になると、たびたびこんな会話になった。

「松井君、今日は早く帰れそう?」

「多分大丈夫」

「大井競馬行かない?」

「いいねえ」

「じゃあ、6時に京急のコーヒー屋で待ってるね」

残業がない日はこうして大井競馬場に出掛けた。一緒に競馬に行っていることは、まわりの人も知っていた。たかが競馬なのだから隠す必要などなかった。

「松井君と遊ばないほうがいいって言われたの」

ある日、お昼を一緒に食べていると、なつめちゃんが、

「あのね」

と言ったまま、続きを言いづらそうな顔をした。

「どうしたの?」

「松井君と遊ばないほうがいいって言われたの。ギャンブラーに見られるからって」

「誰に言われたの?」

「Hさん」

「彼かぁ。わかる気がするよ。すれ違った時も視線が冷たいし、トイレでぼくと一緒になると、手も洗わないで出て行くほどだから」

「汚いわね~。でも、誤解を解いたほうがいいんじゃない?」

「放っておくよ。相手がどう思うかは変えられないし、嫌われるのはしょうがないさ」

「そうね。逆に、松井君のこと好きな人だっているし」

「誰?」

「村田課長」

「村田さんて、あの愛妻家で有名な?」

「そう。毎日愛妻弁当の村田さんよ」

なつめちゃんの職場の上司だった。

「意外だなぁ。ぼくなんか真っ先に嫌われそうだけど」

「それが大違いなのよ。村田さん、松井君と一緒に競馬行きたいんだって」

「マジで? 彼、競馬なんかやったことないでしょ」

「そうなんだけど、松井君の本も買ったみたいなのよ」

ぼくは味噌汁を吹き出しそうになった。

「世の中、わからないもんだな」

「一緒に連れていってあげてもいいかな?」

「いいに決まってるじゃないか。たくさん軍資金持ってくるように言っておいて」

「それは無理よ。お小遣いが少ないらしいから」

真面目な課長と3人で大井競馬に行く

終業後、待ち合わせ場所に行くと、なつめちゃんと一緒に、本当に村田さんが来ていた。仕事上でしか知らないが、とにかく真面目な印象の彼が競馬に来たのには驚いた。
村田さんは開口一番、

「今日は会社での上下関係など忘れてください」

すると、なつめちゃんが、

「そんなもの、松井君には元からないよ」

このひと言で3人はうち解け、競馬場に向かった。

村田さんは残業しないで競馬に来たことがよほど嬉しいのか、競馬場に着くなり、注文ミスかと思うほど食べ物を買ってきてはぼくらに勧め、ビール飲み競争に出ているかのようにビールを飲み、深夜の年寄りも顔負けなほど、何度も何度もトイレに行った。

「村田さん、楽しそうね。連れてきてあげて良かったね」

「でも、これじゃ、どっちが先輩かわからないな。彼、気を遣い過ぎだよ」

村田さんは終始張り切っていた。楽しんでくれているなら良かったと思ったが、やがておとなしくなった。馬券が全然当たらなかったからだ。

「仕事より競馬の方が疲れますね」

村田さんは苦笑いした。

「あんまりスッちゃうと、奥さんに叱られない?」

「ヘソクリですから大丈夫です」

「村田さん、愛妻家なんですってね~」

「それほどじゃないですよ」

「毎日愛妻弁当なんですよね! 肉そぼろでハートマークが描いてあるやつ」

なつめちゃんがからかうと、村田さんは、

「そんなんじゃないですよー」

と、照れくさそうにした。

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO