TOP > NEWS
CAR

2017年の気になるニューモデル情報Vol.2

2017.3.12
2017.3.12

スーパースポーツ目白押し!

プラグインハイブリッドやEVなど、いわゆるエコカーの開発が急ピッチで進められる一方、コレも人間の性なのでしょうか、スポーツカーはまだまだ元気なようです。特にロードゴーイングGTのカテゴリーは俄然活況を呈しています。

注目モデル1台目はファン待望の「Porsche 911 GT3」です。既存のモデルはストリートを前提としたスポーツカーですが、コチラはレーストラックを走ることを前提としたストリートモデル。

搭載するパワーユニットは4リッターの水平対向6気筒の高回転型自然吸気エンジン。最高出力368kW(500ps)で、GT3専用の7速PDK(もしくは6速MT)と組み合わされます。車両重量は1430kg。

0-100km/h加速タイムは3.4秒、最高速度は318km/h。6速MT車は0-100km/h加速タイムが3.9秒、最高速度320km/hとやや劣りますが、マニュアルを設定したのはメーカーの良心。さすがポルシェと言わざるを得ません。日本での予約受注は4月6日から。ハンドルは左右選べて価格は2115万円です。

2台目は第2世代に進化したマクラーレンです。ジュネーブモーターショーでのワールドプレミアと時を同じくして日本でも既に披露された「McLaren 720S」ですが、 同社のビスポーク部門であるMSOが早くも「Velocity」と名付けた720Sのデモカーを発表。主に内外装のカスタマイズなのでパフォーマンス的な変更はないようです。

ちなみに720Sのパワーユニットは4リッターV型8気筒ターボエンジンで、最高出力720ps、最大トルク770Nmを発生。車両重量は1283kg で0-100km/h加速タイムは2.9秒、最高速度は341km/hに達します。ローンチは英国が最初で5月から。日本でも7月から納車が開始されるそうでベース価格も3338万8000円と発表されています。

最後に取り上げたいのはアストンマーティンです。まず、レッドブルとのコラボレーションモデルとして開発中のコードネーム「AM-RB 001」の車名が正式決定しました。その名は「Aston Martin Valkyrie」

ヴァルキリーと聞いてパズドラを連想するお若い方もいらっしゃると思いますが、コチラは古代神話のほう。ワルキューレといったほうがピンと来る方も多いかと思います

で、注目したいのはこのヴァルキリー(もそうですが)をアイコンに、「AMR(アストンマーティンレーシング)」という新たなラインを立ち上げたこと。コンセプトは一目瞭然、ハードコアなレーシングモデルに仕立て上げることです。

デビュー作は2モデルあり、まず1台目がレースカーの「GT4 V8」に搭載されるエンジンを移植した「Vantage AMR Pro」です。生産台数を7台以下に限定。細かなディテールまで作りはレーシングカーそのものです。

もう1台は4ドアのラピードをベースに開発した「Rapide AMR」。ヴァンキッシュV12の最高出力600psの自然吸気エンジンを搭載し、最高にスリリングな4ドアモデルを作り上げました。コチラは210台の限定。次回作も大いに期待できるでしょうからお見逃しなく!

さて、どのモデルも動画をご紹介したいところですが今回は「Porsche 911 GT3」を。真っ赤なポルシェの走りをお楽しみください。

Text:Seiichi Norishige

■The new 911 GT3 – Born in Flacht.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO