TOP > COLUMN > 美女が行きたいレストラン
FOOD ー 美女ゴハン

美女が40’sと行きたいレストラン「私をゴハンに連れてって」

Vol.65 ロティサリーチキンをメインとした「うかい」の新ブラッスリー
「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」

2017.3.9
2017.3.9

皇居の緑を臨める絶好のロケーション! 昼間から楽しむデートに最適

美女が40's男と行きたいお店を紹介する連載「私をゴハンに連れてって」。今回の美女は、大阪ご出身でフードコーディネーターの寺久保はるなさんです。撮影用の料理を作る仕事で、時には要望を聞いてメニューを考えるところから行う場合もあるんだとか。

「仕事柄、美味しいものを食べるのが大好きなんです。殿方に連れて行ってもらうなら、その人が足しげく通う行きつけのお店とかかな? 好きなお店に連れて行ってもらえたら、その人の好みや人となりが少しでも分かるのが嬉しいんです」と、美女。

現在婚活中の美女は、誠実かつまじめで、嘘をつかない道徳心のある方男性がお好み。「明るい昼間のデートって、殿方の別な一面が見える気がするので、今日は昼間のランチデートが希望です」という美女のリクエストで、本日はあの「うかい」から新しく誕生したばかりのブラッスリー「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」にやって来ました。

先月オープンした「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」は、大手町1丁目1番地というプレミアム住所に位置する「大手町パークビルディング」の1階にあります。グローバルビジネスの拠点とする土地柄、外国人のお客様も多く、なんだか外国のブラッサリーのようないい雰囲気。

店内に入ると、四季を感じる中庭のホトリア広場と、皇居の緑を臨む開放的な全面ガラス張りのとても気持ちの良い空間が広がります。

「わぁ! オープンカフェで、お店の中も広々としていますね。窓から見える景色もとてもキレイ! 春になったら、陽の当たるテラスでいただくのもいいですね、風が気持ち良さそう」と、広々と開放感溢れるブラッスリーに、美女も緊張感がなく、とっても柔らかい笑顔に。夜のデートって構える女性が多い中、昼間のデートは女性も自分が自然に出せるので、リラックスして話せるなど、良い面もたくさんあるみたいですよ。

入った瞬間から広がる香ばしい鶏の香りに食欲をそそられて思わず「ん〜いい匂い」と、思わず美女も笑顔。臨場感溢れるブルーのタイルのオープンキッチンの壁面には、ロティサリーマシンが目を引きます。こちらは、わざわざフランスから取り寄せて使用しているマシン。回転しながらじっくりと焼かれている鶏は、まさにダイナミック。特殊遠赤効果で、表面はカリカリのクリスピーに、中は素材の旨味をしっかりと閉じ込めて焼けるのだそう。

また、店内の至るところには、店名にもある「Poulet(鶏)」のオブジェが飾られています。「こういうオブジェは、女性の心を掴みますよね~。かわいいのばかり!」と、美女もブリキやガラスで出来たオブジェを写真に撮ってうれしそう。

「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」は、週末でもランチメニューがいただけます。これはラッキー! 週末だと大手町や丸の内はランチメニューを設定していない店が多い中お得です。「ロティサリーチキンサンド」はフライドポテト付き。スペイン産のプーレ・ジョンヌ(黄色い鶏)を使用したロティサリーチキンと、サンドの中にはキャロットラペという、甘酢っぱいクルミ入りのドレッシングで合わせたニンジンが挟まっています。

「ロティサリーチキンサンド/フライドポテト付き」 FULL 1500円(税込)/HALF 1000円(税込)

このサンドは、中身を詰めてからまたオーブンで焼くのがポイント。熱々のまま出てくるので、パリっとしたパンと、柔らかいお肉とニンジンやくるみの食感が一気に楽しめる一品です。

「すごくおいしい! 鶏がほんとに柔らかいし、パンの硬さが絶妙でボリュームもありますね。あとこんなおいしいポテトも初めてです(笑)」と、美女も最高な笑顔!

「桜モヒート」 1000円(税込)
【ル・プーレ期間限定カクテル】「紅ほっぺとスパークリングワインのロッシーニ」 1000円(税込)

また、カクテルがとてもオシャレ。視覚もしっかりと刺激してくれます。「こんなきれいな色のカクテル、テンションあがりますね! 紅ほっぺのカクテルは、苺の味が濃厚で、苺の粒々感もおいし~い!」と、昼から飲むアルコールにご満悦。昼から飲めるのは休日デートの特権ですよね。

ロティサリーチキン(3~4人前)スペイン産若鶏 8000円(税込)/国産地鶏 1万円(税込)
鶏のロースト ジュを添えて

こちらは17時からの夜のメニュー。ロティサリーチキンは、オーダーが入ってから、約40分じっくり焼き上げられています。中はしっとり、外はパリっとした丸焼きの姿のまま一旦出て来ますが、そのあとは胸肉ともも肉の部位に分けて、2種のソースで調理してまたテーブルに運ばれてきます。

さっぱり&しっとりしている、とてもジューシーな味わいの胸肉は、鶏の手羽とニンジン、玉ねぎ、セロリなどの香味野菜、ハーブを煮込んだジュ(ソース)と一緒にいただきます。

鶏のクリームソース

味がしっかりとしているもも肉は、クリームソースと一緒にいただきます。一羽でも味わいの異なるロティサリーチキンが堪能できるのも「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」の魅力です。また、「鶏」を使ったサラダや卵料理などの豊富なメニューも揃っています。

窓から、皇居沿いを走るランナーが見えたり、とてものどかに感じる休日デートは、夜に出かけるデートより、リラックスできて美女も嬉しそうでした。これからの季節は窓も開放して、緑が多い中庭と一体になり、もっと気持ちの良い空間になるんだそう。季節の移ろいを感じながら、ゆったり流れる時間を過ごす大人デートに、「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」はお勧めですよ。

Photo:Katsumi Murata
Text:Rina Sohn

今回の美女
寺久保 はるなさん
フードコーディネーター。雑誌やwebからの依頼が中心。得意料理はイタリアン、カジュアルフレンチ、和食となんでもOK!「実は中華だけ得意とは言えないのですが(笑)」と謙虚な寺久保さん。障碍者の支援ボランティアも初めて今年で5年目。習い事が趣味で、絵画、アイシング、書道、暗闇フィットネスと忙しい毎日に、さらに来月からはゴルフも習い始めるそう。

 

「Le Poulet Brasserie Ukai(ル・プーレ ブラッスリー うかい)」
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング1階
03-3217-5252
営業時間:平日・土

11:00~23:00
(ランチ L.O15:00/ディナーL.O21:30)

定休日:日曜日
http://www.ukai.co.jp/lepoulet/

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO