TOP > COLUMN > SONY元社員の艶笑ノート
SONY元異端社員の艶笑ノート

大事なことはみんな女が教えてくれた

焼肉屋店長とイイ仲の女子大生

2017.2.25

大学生の時、ぼくは新宿の焼肉屋でアルバイトをしていた。

ここを選んだのは、「まかないの夕食」として焼肉を出してくれるからだった。焼肉が大好物のぼくとしてはこんなにありがたいことはなかった。だが、ここで働いたことで、思わぬことに気づいた。焼肉には、単なる食事だけでなく、儀式的な意味があることを知ったのだ。

オスの孔雀が羽を広げればメスを誘っているとわかるし、公園でメスを追いかけ回す鳩を見れば、恋に真剣なオスとわかる。それと同じかどうかはわからないが、食事中に向かい合っている男女を見れば、どんな関係かはおよそ察しがつく。焼肉を食べているアベックは、男も女もカルビに負けず脂ぎったような顔で、ニンニクも、かまうもんかといわんばかりにたっぷりとタレに溶かし込む。そんな二人が、その後行く場所は決まっていた。

ぼくがバイトに入るなり、慶応出の店長はこう言った。

「どうしてウチが繁盛するかわかるか?」

「どうしてですか?」

「すぐそこにホテル街があるだろ。店を出て曲がるだけだ。こんないいロケーションはないんだよ」

店長とイイ仲の美保ちゃん

店長は、ぼくのことを「田舎の少年」と呼び、けっこうかわいがってくれた。店長からは一度、「ドロレス」を見るようすすめられた。何だと思って先輩に連れていってもらうと、女が裸で泥だらけになるレスリングだったことがある。今はさすがにないだろうが、そういうものが大盛況な時代だった。

またある日は「TSミュージック」に行ってみろと言われた。ミュージックというくらいだから、音楽のライブでもやっているのかと思って行くと、ストリップ小屋だった。要するに、田舎者で何も知らないぼくを、からかって面白がっていたのだ。でも、仕事については手取り足取り、親切に教えてくれた。

そんな店長といい仲だったのが、美保ちゃんというバイトの大学生だ。

本名は違うが、女優の美保純に似ているので美保ちゃんと呼ばれていた。それを言うなら純ちゃんじゃないの、とぼくは思ったが、余計なことは言わなかった。店が終わるとまかないを食べ、バイトはさっさと帰るのに、美保ちゃんはいつまでも店長と一緒に残っていた。二人がデキているのは誰の目にも明らかだった。彼女のことはぼくもいいなと思っていたが、店長との仲を知っている以上、ぼくに勝ち目はなかった。

高校の教育実習で、そんなことあるの?!

美保ちゃんは、ある女子大の教育学部の学生だった。先生になると聞くと生真面目な人を想像するが、彼女はそうではなかった。ホールを行き来する時、すれ違いざまに、

「あのアベック、今日が勝負ね。目つきが真剣」
 とか
「あれだけニンニクを入れてるってことは、そういうことよね」

など、何でもかんでも話を淫靡な方向に持っていくのが好きだった。

教育実習でさえもそうだった。バイトに復帰するなり、

「教育実習って、けっこう刺激的なの」美保ちゃんはハート型の目をして、「高校生の視線が刺さるのよ。何て言うか、見られてるって感じ」

「ふぅん」

「松井君の高校にも実習生来たでしょ?」

「来たけど」

「どんな人だった?」

「そんなの、いちいち覚えてないよ」

「じゃあ、何もなかったってことね」

「どういう意味?」

「生徒と付き合っちゃう人もいるのよ」

「うそだろ。女子高生に手を出したら捕まるじゃないか」

「違うわよ。女の実習生と男子の話よ。高校生なんて、赤子の手を捻【ひね】るようなもんだからね」

「美保ちゃんも何かあったの?」

「何でそんなことに答えなきゃならないのよ」

「じゃあ、あったんだ」

「うるさいわね。ないわよ、そんなこと」

「怒らなくてもいいじゃないか」

 ぼくの高校ではそんな破廉恥な話は聞いたことがなかったが、美保ちゃんは遠い目で、

「あの目はきっと、私とヤリたがっていたに違いないわ」

エロ話をする彼女を見ると、店長との関係が生々しく想像された。

 

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO