TOP > NEWS
CULTURE

今すぐ欲しい厳選2足!
ルイ・ヴィトンの最新シューズ

2017.2.15
2017.2.15

春コーデに必須! 白スニーカーと黒ブーツその魅力とは?

春夏だけでなく、年間通じての定番アイテムとして不動の地位を確立したアイテムと言えば、白スニーカーですよね。年齢問わず、今や誰もが所有するアイテムだけに、コーディネートにセンスの差が如実に現れます。

カジュアルな着こなしはもちろん、スーツやジャケットスタイルのハズしに使ったりと履き方のバリエーションも豊富。(イタリアでも、白スニーカー履いている人がとにかく多かった!)この春も各ブランドがこぞって新作の白スニーカーを発表していますが……。その中でも、私が「買いたい!」と思ったルイ・ヴィトンの最新作をご紹介したいと思います。

2017年秋冬は、ストリートのカリスマブランド、シュプリームとのコラボで、業界の話題をさらったルイ・ヴィトン。ストリートファッションをこよなく愛するアーティスティック・ ディレクター、キム・ジョーンズらしいクリエーションですよね。その流れからもわかるとおり、今回強くストリートへのこだわりを感じさせた一品です。

シューズ 8万9000円(税抜)

ルイ・ヴィトンの過去のアーカイヴから着想を得たという、バスケットシューズを連想させるデザイン。きめ細かい上質なカーフ素材を使用することで、シンプルながらスニーカーとは思えぬラグジュアリーな仕上がりになっています。

何よりも目を引くのが、ツートンのラバーソール。みずみずしく光るビビットな水色のラインが、ラグジュアリーさを引き立たせています。厚底になっているので、スタイルアップ効果も狙えるのが◎。これ見よがしなロゴやデザインが一切ないので、大人が履くのに丁度いいんです。(普通でいいのよ、普通で!)本当のリッチさは、ブランドロゴではないんですよね。

もちろん、履きごこちも極上……。ピッタリと吸い付くような柔らかいカーフ素材は、一度履くと他のスニーカーに戻れないほど。履き慣れる時間も必要とせず、最初から自分の足に馴染んでくれる所が、流石ラグジュアリーを極めるルイ・ヴィトンです!

ネイビージャケットにホワイトデニムを合わせる春夏定番のコーディネートの足元にもgood! もちろん、王道のブルーデニムに白いTシャツだけでもさまになりそう。無駄にアクセサリーを加えず、このブルーのラインを生かして清潔感のあるコーディネートを心掛けたい。さりげなーく履くことで、女性からの好感度も上がるはず!

ブーツ 12万2000円(税抜)

それから、もう一足! ストリートの着こなしにおいて、白スニーカーと同じくらいマストなのが、ブラックの編み上げブーツです。アーミーブーツから着想を得た堅牢なラバーソールと、カーフレザーのエレガンスを兼揃えたスタイリッシュな一足なのですが……。キモは、ナチュラルレザーで作られたパッド入りのライニングとインソールにあります。頑丈な見た目とはウラハラに、足を入れると極上の履きごこちを約束してくれます。

また、底付けの糸をアウトソールで覆うブレイク製法によって、摩耗を軽減。ラグジュアリーな素材を使いながら、タフさも兼ね揃える……。まさに鬼に金棒ってやつですね。

買ってすぐスタメン入り間違いない、この2足。どちらも確かに良いお値段ですが、ベーシックかつ長く履けることを考えれば、両方買い揃えるのが得策なのでは?


Photo:Toshimitsu Watanabe
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854
www.louisvuitton.com

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO