TOP > COLUMN > SONY元社員の艶笑ノート
BUSINESS ー SONY元異端社員の艶笑ノート

SONY元異端社員の艶笑ノート

「デパート嬢のアパート」

2017.2.5

 

彼女はぼくを見つけ、

「さっそく着てくださったんですね」

「会社ですごく評判良かったです」

「よくお似合いですよ」

「あなたのセンスがいいんです」

「わ~、ありがとうございます!」

「もう一着欲しいんですが、これと色違いはありますか?」

「ありますけど、色違いより、全く違うもののほうがいいですよ。たとえばこれとか」

彼女は黒いポロシャツをぼくの胸に合わせた。また彼女の顔が30cmくらいに近づいた。昨日と同じ香りがした。
彼女と親密になりたい気持ちがみるみる沸き上がり、ついに抑えきれなくなった。

©gettyimages

客はぼくだけ。店員も彼女だけだった。ポロシャツを包んでもらいながら、もはや勇気を出して行くしかないと思った。前進あるのみだ。
ぼくは思い切って声をかけた。

「仕事は何時までですか?」

「だいたい9時までです」

「もしよかったら、飲みにいきませんか?」

「え?」

「軽く一杯どうかと思って」

すると彼女は手の動きを早め、

「いつもそうやって声をかけるんですか?」

「そんなことありません。こんなことするのは、はじめてです。色々と話をしたいと思って」

むろん、はじめてではないが、そう答えるしかない。

「ご迷惑はかけませんから、ちょっとだけ行きませんか?」

「でも……」

「ちょっとだけですから」

「本当にちょっとだけですよ」

「やった!」

ぼくは小さく拳を握りしめた。

竜宮城気分で憧れの女子寮へ

待ち合わせ場所に現れた彼女は、お店で見るよりさらにかわいかった。名前は「ゆり子ちゃん」としておこう。週末のため店は混んでいたが、何とか空いている席を見つけ、ぼくらは並んで座った。

©gettyimages

飲んで食べるうち、ぼくらはあっという間にタメ口でしゃべるようになった。すぐにうち解け、彼女はキャッキャと笑いながら、ぼくの腕にしがみついたりした。そういえば、誰だったかモテる芸能人が、「女性と仲良くなりたければ並んで座れ」と言っていたが、それはこういうことかと思った。

スタートが遅かったせいか、それとも楽しかったせいか、時間の過ぎるのは早かった。すでに終電の時間になっていたが、彼女も全く帰ろうとする様子がない。明日は休みだし、これはもう、成り行きに任せようと思った。
やがて彼女が言った。

「松井さん、終電は?」

「終わっちゃった」

「大丈夫なの?」

「大丈夫じゃないよ」

「どうするの?」

「どうしようかな」

「おうち、遠いの?」

「歩くと5時間くらいかかる」

©gettyimages

彼女はプッと吹き出し、

「何それ。歩けるわけないじゃん」

「じゃあ、このまま飲むしかないかな。ゆり子ちゃんは?」

「うちはそんなに遠くないよ。タクシーで15分くらい」

「どこ?」

「代田橋」

「うちと逆だ。でもいいとこに住んでるんだね。家賃高いでしょ?」

「そんなことないの。会社の寮だから」

「ふうん。もしかして女子寮?」

「そうよ。どうして?」

「女子寮って聞くだけで、何だか神秘の世界だ」

「いやらしいこと考えてるんでしょ」

「男なんてそんなもんだよ」

一瞬会話が途切れたので、調子に乗ってしくじったかと思っていると、

「ねえ」

Page 2/3

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO