TOP > NEWS
LIFESTYLE

教壇と生徒用の机を復刻。巨匠ポール・ケアホルムの「万能デスク」が欲しい!

2017.1.31
2017.1.31

ダイニングにも最適!色褪せない木材とスチールのコンビネーション

インテリアに使用する素材は、部屋の居心地を決定付ける重要なファクターのひとつです。特に長く使うことを前提に購入する場合、なるべく妥協はしないように心がけたいもの。

そこで求められることは素材の希少性というよりも、上質な素材と高い技術で作られていながらぬくもりや温かみが感じられる質感にほかなりません。昨今、北欧家具が支持されている理由の多くはそこにあるのではないでしょうか?

この度、CARL HANSEN & SØN (カール・ハンセン&サン)のコレクションに新たに仲間入りしたデンマークの巨匠デザイナー、ポール・ケアホルムの作品はその好例。ガラス、皮革、ステンレススチールなどの素材使いで有名なデザイナーですが、木材でも抜きん出た才能を発揮しています。

今回ご紹介する2つのデスクは、1955年にデンマークの王立芸術アカデミー用にデザインされた作品の復刻モデル。ひとつは、教鞭をとる教師用の「PK52」、もうひとつは生徒用に手がけられた「PK52A」です。

2点の作品に共通するのは、木工と工業の技術を組み合わせることで生まれた素材の組み合わせです。教師用はオレゴンパイン材の天板とブラック塗装のスチールフレーム、生徒用はオーク材のブラック塗装の天板とグレー塗装のスチールフレームと、当時としては画期的な試みを行っています。

こうして完成した「PK52」と「PK52A」は、デスクとしてばかりではなく、ダイニングテーブルやオフィスなどのワーキングテーブルにも適しています。オプションの引き出しモジュール「PK115」を加えると、さらに活躍の場を広げます。

引出し「PK115」[W40xD85xH92cm] 8万3000円(税抜)

復刻版の仕様ですが、天板の素材はいずれもオレゴンパイン材、またはオーク材の突板、仕上げはオイル、クリアラッカー塗装またはブラック塗装から選択可能です。スチール製のフレームは、ブラックかグレーのラッカー塗装から選べます。

木材のぬくもりとモダンなデザインが同居する「PK52」と「PK52A」はどんな空間でもマッチする汎用性が最大の強みです。今もなお色褪せない北欧家具の傑作をこの機会にぜひいかがでしょうか? 

Text: Ryo Takano

デスク「PK52」[W186.5×D85×H72cm] 41万3000円(税抜)
デスク「PK52A」[W141.5×D85×H72cm] 33万000円(税抜)

【問い合わせ】
カール・ハンセン&サン フラッグシップ・ストア
03-5413-5421
www.carlhansen.jp

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO