TOP > NEWS
CAR

洗練されたクーペは大人のライフスタイルを物語る

2017.1.25
2017.1.25

BMW新型4シリーズを本国発表!

BMW4シリーズのマイナーチェンジ・モデルが発表されました。2013年のデビューから4年を経過し総販売台数は約40万台! とのことですから、クーペもまだまだ元気ですし、弟分の2シリーズも好調にセールスを伸ばしています。

ということで、日本でも間もなく正式なアナウンスがあるでしょうからフライング気味ですが今回ご案内しておきます。

新型4シリーズの主な変更点は、キセノンからLEDに変更されたヘッドライト(フォグランプも同様)にLEDリヤコンビレンズなど、意匠変更を含めたLED化がひとつのトピックです。

同時に飛び切りスポーティなM4&M3も同様の意匠変更を受けています。ココでピンときた方は鋭いです! すでに3シリーズのマイナーチェンジ版もチラ見したことになると推測されます。

インテリアはインストルメントパネルが完全に液晶化された模様(Mモデルはアナログを堅持)。通常モデルはドライブモードごとに表示を切り替え可能となり多機能化。インフォテイメントシステムもアップグレードされました。

パワーユニットに変更(スペックも同様)はありませんが、サスペンションがかなり強化されたようで縦横の剛性を改善。一段とスポーティな走りが期待できそうです。Mシリーズのスペックは現段階で未発表ですが、コチラは高出力化などちょっと期待できるかもしれません。続報が入り次第ご報告いたします。

今回のマイナーチェンジで期待されるのは、クリーンディーゼル搭載車の新規導入です。クーペ=スポーツカーという図式は理解できますが、流麗なスタイリングをゆったりと楽しみたいという大人の需要も少なからず実在します。もはやクーペはライフスタイルカーのひとつのカタチなのです。

新型4シリーズの日本での価格・導入時期は未定ですが、どうせなら車名にちなんで4月4日に発表すれば話題作りになることでしょう。

Text:Seiichi Norishige

価格:未定

BMW
0120-269-437(BMWカスタマー・インタラクション・センター)

■RADICALLY MORE. The new 2017 BMW M4 Coupè, BMW M4 Convertible and BMW M3 Sedan.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO