TOP > NEWS
WATCH

腕元で2つの音色を奏でる、A.ランゲ&ゾーネの話題作!

2017.1.20
2017.1.20

機構も外装もパーフェクト。「ツァイトヴェルク」の新境地とは?

一目見てソレとわかる、唯一無二の文字盤。左右非対称のレイアウトで知られる高級時計業界のアイコン「Lange 1 (ランゲ1)」と同じく、A.Lange & Söhne(A.ランゲ&ゾーネ)の圧倒的な実力を持つ傑作が「ZEITWERK(ツァイトヴェルク)」です。

腕時計に明るい方ならご存知かと思いますが、2009年に登場した「ツァイトヴェルク」と言えば、A.ランゲ&ゾーネとしてはじめてデジタル式時刻表示を搭載した機械式腕時計。時と分が瞬時に切り替わる数字によって表示され、瞬時に時刻を読み取ることができます。

これだけでも驚きだと言うのに、A.ランゲ&ゾーネの時計製造への挑戦はとどまることを知りません。

先日、ジュネーブサロン2017年で発表された新作「ZEITWERK DECIMAL STRIKE(ツァイトヴェルク・デシマルストライク)」 は、極めて斬新なソヌリウォッチとして早くも話題を集めています。

ハンマー打ちの機構には大きな動力が必要になりますが、瞬転数字式時刻表示を動かす「ツァイトヴェルク」のムーブメントは、その点からも理想的でした。

完成した「ツァイトヴェルク・デシマルストライク」の機構は、文字盤から見えるトランブラージュ装飾を施したハンマーが2つのゴングが異なる音色で、右のハンマーが正時ごとに低音を1回、左側のハンマーが正10分ごとに高音を1回奏でます。

このモデルは美観においても比類なき境地に達しています。ケース素材はA.ランゲ&ゾーネが独自に開発した合金ハニーゴールドを使用。ムーブメントの手巻きキャリバーLO43.7には、グラスヒュッテ模様を施した4分の3プレート、テンプにはハンドエングレービングと、微細な部分まで仕上げにこだわっています。

熱狂的なファンが持つことでも知られている、A.ランゲ&ゾーネの複雑機構の世界。その中でも圧倒的なオーラを放つ「ツァイトヴェルク」シリーズは、やはりいつも気になる存在だと言えますね。

Text: Ryo Takano

A.Lange & Söhne ZEITWERKDECIMAL STRIKERef.143.050、手巻き(Cal.L043.7)、18Kハニーゴールドケース&アリゲーターストラップ、ケース径44.2㎜、3気圧防水/1304万円(税抜)※世界限定100本

【問い合わせ】
A.ランゲ&ゾーネ
03-4461-8080
http://www.alange-soehne.com/ja/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO