TOP > COLUMN > オシャレはセレブに学べ!
FASHION ー セレブに学べ!

オシャレはセレブに学べ!

ブラッド・ピットに学ぶオールネイビーの着こなし方

2017.1.22

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、その着こなしやアイテムをご紹介。今回はオールネイビーの着こなし方について学びたいと思います。

LESSON 101 ブラッド・ピットに学ぶオールネイビー着こなし方

©gettyimages

色の引き算をすることで、素材の良さを引き立て、中身を際立たせる。こうした知的できちんと感のあるカラーコーデの中でも、ここ数年で注目されているのがネイビーコーディネートです。FORZA世代にも圧倒的な人気を誇るベーシックな色ですが、一色だけで着こなすことは意外に難しかったりしますよね。今回は、オシャレ度がグンとアップするオールネイビーの着こなし方をブラッド・ピットに学びたいと思います。

ダブルブレステッドのスーツにチェスターフィールドコートを重ね着したブラッド・ピット。色こそベーシックですが、よく見るとジャケットが2つボタン1つ掛けのダブルだったり、コートもボタンレスだったり、ディティールが普通ではないんです。そのためか、シルエット全体にモード感が漂っていますよね。これが、ブラット・ピット流オールネイビーの着こなし術のキモです。要は、着こなしはベーシックであれ、モードなスパイスを少し取り入れることで、ネイビーでも新鮮さを感じられます。

また、同じネイビーでも濃淡をつけることで、立体感が生まれ、重ね着だからこそのテクニックを上手く見せています。例えば、インナーには、あえてシャツではなくクルーネックのニットを合わせることで抜け感を作ったり、ストールの端の片方をジャケットに入れてみたり……。こうした細部のバランスにこだわることが、オールネイビーのお洒落度をさらに上げてみせるのです。

ぜひブラット・ピットを真似て、ワンランク上のオールネイビーの着こなしを試してみてはいかがでしょうか? 冬のマンネリしがちなカラーコーデとも、これでオサラバですね!

Text:Satoshi Nakamoto

【ブラッド・ピットのように装うならこんなアイテムがオススメ】
コート 12万円(税抜)/ラルディーニ

肩パッドや芯地といった副資材を極力省き、大見返しの背抜きにすることでコートながら軽い着感が得られるような仕立てです。縮絨されていることで風を通しづらく保温性に富んでおり、ハリ・コシは十分。シルエットがくっきりと出ます。また、抑えられた毛足の表面は滑らかでナチュラルな色出しも◎。エレガントな印象を与えます。

※こちらの商品はFORZA STYLE SHOPでお買い求めできます。
購入はこちらから。

ダブルスーツ 26万円(税抜)/イザイア

イザイアの人気ライン“GREGORY”は、クラシックをベースにしたナポリ仕立てで極めて男らしい構築的なフォルム。着ると適度に肩が張り男らしさを盛る、まさに戦闘服にふさわしいスーツです。ほんのりと香るウールの起毛感に、細ピッチのシャドウがかったヘリンボーンがモダンな男の色気を漂わせます。

購入はこちらから。

ニット 3万6000円(税抜)/クルチアーニ

「Cruciani(クルチアーニ)」の定番27ゲージ細リブクルーネックニット。特筆すべき点は、シルエットの美しさと上質な素材。程よいフィット感が基本となり、アームホールはコンパクト。長く見え過ぎないよう設定された着丈なども含め、全体的に身体のラインをとても美しく見せてくれます。程良い大きさにデザインされたクルーネックのラインも秀逸。細リブと相まって上品な印象を与えます。

購入はこちらから。

クルチアーニ / ストール(カシミア混)/AC18.000 18MWS 2万4000円(税抜き)

極細のカシミア・モダール(レーヨン)の糸を使用したこちらは、まるでガーゼのような柔らかくふんわりとした肌触りで、どんなに敏感肌の方でも満足頂ける心地良さ。起毛感を抑えたフラットな質感なので、真夏を除けば着用できます。ある程度のボリュームが出るサイズ感も◎。

購入はこちらから。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO