TOP > NEWS
LIFESTYLE

最新鋭のネットワークCDプリメインアンプが奏でる「匠の音」とは?

2017.1.12
2017.1.12

手持ちのオーディオ機器に物足りなさを感じていたアナタヘ届ける 臨場感溢れるサウンド

オーディオ専門コーナーに足を運ぶと一目瞭然ですが、ダントツの人気を誇るのは、今話題のBluetoothスピーカー。確かにすごく使い勝手が良くて、一度味をしめてしまうとなかなか元の生活には戻れないと思えてしまうのは本音かも?

でも、群雄割拠のジャンルだけあって、製品の差別化がものすごく難しい。いざ買おうとすると、これといった決定打が見つからないのが悩みのタネだったりします。

その一方で、オーディオの世界には果てしないロマンが広がる世界があって、お金をいくらでもつぎ込めるような超高額の商品がゴロゴロあります。そうはいっても、その挑戦権を獲得できるのは、都心の住宅事情を度外視するような豪邸に住めるリッチマンのみ(笑)。

それらから鑑みて、ちょうどいい塩梅のオーディオ製品ってないのかな?と思い耽っていたところ。突如現れたのが、こちらの一台。

「NEW VINTAGE」というコンセプトを設けた、TEAC(ティアック)のネットワークCDプリメインアンプ「NR-7CD」。その魅力をずばり言うと、ティアックが60年以上貫いてきた「匠の音」にあります。

「匠の音って、ナ二?」と突っ込まれる前に説明すると、再生される楽曲に込められているミュージシャンや音楽制作者たちの意図をきちんと再生音に反映し、届けることのできる音楽表現力を持っていることだと、ここでは考えます。それは、音楽制作レコーディング機器メーカーであり、オーディオ機器メーカーでもある、ティアックが目指す「いい音の定義」でもあります。

CDラックの片隅に眠っていた懐かしい曲、クラウドの中に膨大にある楽曲。そのどちらもこだわりのアップコンバート機能を使ってハイレゾで楽しめる。

スピーカーやケーブルなどの用意が必要なので、セッティングに手間はかかります。が、Bluetoothスピーカーでは味わうことのできない音を体験できるので、試してみる価値は十分ありますよ。

Text: Ryo Takano

ネットワークCDプリメインアンプ「NR-7CD」 オープンプライス(市場想定価格は税込み42万円前後)

【問い合わせ】
TEAC PR事務局
03-5572-7332
teac_pr@vectorinc.co.jp

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO