TOP > COLUMN > 干場に着させたい松竹梅
FASHION ー 松竹梅

ファッション界の賢人が提案!干場に着させたい「松竹梅」

Numero田中杏子編集長がオススメする「リングの松竹梅」

2017.1.31
2017.1.31

ヌメロ編集長が指南!スーツに似合う40男のリング選び

ファッション業界の賢人が編集長・干場に買わせたい逸品を価格帯別に紹介する連載第10回。今回、ご登場いただくのは、『Numero TOKYO』編集長の田中杏子さんです。お題はリング。この連載、初の女性賢人が勧めるリングの中から、干場のお眼鏡に適う逸品は登場するのか!?

干場編集長(以下敬称略):今回はこの連載で初めて女性にご登場いただきます。『Numero TOKYO』編集長の田中杏子さんです。どうぞ、よろしくお願いいたします。今日はリングを選んでいただけるということだったのですが……。

田中氏(以下敬称略):よろしくお願いいたします。

干場:今、一番カッコイイ雑誌の『ヌメロ トウキョウ』の編集長が選ばれる、ということで楽しみにしていたのですが……。なぜ、リングというお題を選ばれたのでしょうか? きっと皆さん、そこからして興味があると思うんですね。男性のジュエリーについて、どう思われているのかもうかがいたいです。

田中:男性がジュエリーを着けているのは大好きですね。さらっと着けているとセクシーだなと思います。

干場:いや〜、でも、そのさらっとが難しいんですよ。

田中:あんまりたくさん着けていると、1個くらい減らしたら?って……。

干場:あれ? 今、言葉を濁しましたよね!?

田中:えーっと(笑)。男性の場合、リングはリングだけ、ネックレスならネックレスだけ、時計とブレスレットだけ、を着けているのが好きですね。じゃらじゃらと着けるより、1ジャンルだけのほうが際立つし、お洒落な感じがします。

干場:40歳くらいの大人の男性になると、大体、結婚指輪ぐらいはしているかと思うんですが、そのあたりはどうでしょう?

田中:私は(結婚指輪を)着けている人、好きなんですよね。でも、着けていない人も多いですよね!? なんかまやかしの世界っていうか……(一同爆笑)

干場:え~、まやかしの世界ですか???(笑)

田中:どっちなの!?みたいな。(相手が)いるよね、と。で、「結婚してますよ」とか「ちゃんといますよ」とか言われると、何それ、何で着けてないの? って思うんです。それぞれ皆さん、考え方があるのかなと思いますが……。

干場:意味が深いじゃないですか、リングって。だから今回リングがテーマってどういうものを選ばれるのかな、と本当に興味深くて。

田中:最初、ジュエリーにしようと思っていたのですが、男性のジュエリーで一番、身に着けてしっくりくるものがリングかなと思ったんです。ピアスでもネックレスでもなく。

干場:リング以外のアイテムは、唐突感があるっていうことですか?

田中:いや、ビジネスマンが着けているとチャラチャラして見えません? ブレスレットは時計の延長線上だからそんなにチャラチャラして見えないんですが、ネックレスやピアスはチャラチャラして見えるんですよ。でも、指輪って着けている男性を見ると、お洒落だなって思うんです。

干場:それは着け方にもよりますよね。結構、難しいアイテムなような気がします。

田中:干場さんはあまり着けないんですか? お持ちですか?

干場:一応、いくつかは持っているんですが……。最近あまり着けなくなりましたね。職業柄と年齢的に、スーツを着る機会が増えたので、あまり着けなくなってしまったんです。着けるとしても、バングルやブレスレットぐらいですかね。スーツ姿でじゃらじゃら着けてしまうと、杏子さんがおっしゃる通り、チャラチャラして見えますしね。スーツスタイルの時はなるべく引き算で考えているんです。でも確かに、かっこいいリングをひとつ着けているっていうのはいいですよね! どこの指に着けるのが一番いいですか?

田中:中指か人差し指ですね。

干場:なるほど! では、おすすめいただくリングを拝見したいと思います。まずはどちらからでしょう?

2008年にVARBALとYOONによって発表され、ポップアートにインスパイアされたジュエリーコレクションで瞬く間に人気に。
(左から順に)BARBWIRE RING2 GOLD 4万5000円、MISFIT COLLEGE RING GOLD-ONX 3万9000円、SHIELD RING3 GOLD 2万2000円、SHIELD RING2 GOLD 2万4000円/(すべて税抜き)

田中:アンブッシュのリングです。

干場:アンブッシュって、どんなブランドなんですか?

田中:m-floのバーバルとユーン夫妻のブランドなんです。奥様がとてもセンスのよい方でして。元々、バーバル自身アントニオ マーフィ&アストロというアクセサリーのブランドをやっていて、そこに奥様が参加して新たにスタートしたのがアンブッシュです。

干場;このブランドはスタートして長いんですか?

田中:そうですね(※2008年スタート)、結構経っています。ヒップホップ系の人たちに人気のブランドで、BIG BANGも着けていたりするんです。シャレオツメンズたちが着けています(笑)。干場さんも普通に着けていらっしゃる感じのものもありますよね。アンブッシュ ワークショップというのが今年渋谷にオープンして、洋服もラインナップされています。

干場:ちなみに素材は何になるんですか?

田中:シルバーなどです。なのでそんなに高くないんです。

干場:なるほど……。結構、印象的ですね。これなんて結構イヤらしくないですか!?

田中:そうなんですよ、印象的。でも、意外とお似合いになりますよ。

干場:え、本当ですか?

田中:イヤらしいのが似合うよね!(笑)。スーツが正統派だからハズしでって感じで。

干場:なんかこれ着けてホテルとかに行ったら、違うところに通されそうな感じがします(笑)。

田中:何してる人!?みたいな。日焼けしていらっしゃるから似合うんですよね、こういうのが。

干場:これ(有刺鉄線が指に絡みつくデザイン)なんか、もっと厄介な感じですね。

田中:私はこのピアスを持っています。

干場:(着けてみて)これ、ヒキが強いなぁ〜(笑)。面白いですね。でも確かに遊べる値段だから、あえてスーツスタイルのときに着けるっていうのはいいかも!

田中:でもこの有刺鉄線は、Tシャツに短パンの悪い人っていう感じのコーディネートのほうがいいかも。

干場:なんですか、その悪い人コーデって!?

田中:ちょっと日焼けしていて浮世離れしている人っているじゃないですか、そんなイメージ。日焼けしていると悪く見えるでしょ。ちょっとチャラッとしている人。

干場:僕、かなり日焼けしているし……。超面白すぎます、杏子さん!

田中:(日焼けしていると)悪く見える、見える! だって女子だってそうじゃない。日焼けしている女の子は悪そう。白いと清楚に見えるし、お受験控えているママなんて、絶対焼かないもん。印象悪くなっちゃうから。

干場:確かに……(笑)。ところで、日焼けはお嫌いですか?

田中:私は好きですね。でも、顔は焼けないようにして、脚は焼きます。素足の時、焼けているほうがきれいじゃないですか。

干場:さすが、杏子さん。やっぱりイタリア人ですね!

田中:ちなみにアンブッシュ ワークショップには、悪そうな服もあります。

干場:僕、休日はアディダスのキャップにTシャツ、短パンっていうスタイルもしているんですよ。そんな時に合いそう。でも意外性という意味では、スーツにこのリングって面白いですね。では、次のリングをお願いいたします。

田中:王道中の王道ですね、クロムハーツです。

シルバーアクセサリーからスタートした“クロムハーツ”。すべてアメリカで作られており、ハリウッドスターやミュージシャンから人気の火が付く。
シルバーダイヤリング 122万円(税抜)
シルバーダイヤリング 98万5000円(税抜)
シルバーダイヤリング 19万2000円(税抜)

干場:そうきましたか!

田中:私もここ最近までノーマークだったんですが、クロムハーツといえばシルバーが有名ですけれど、ゴールドもありますし、今日はダイヤモンドのものを選びました。クロムハーツ=バイカー、みたいな男っぽいイメージがありますが、これもアウトローな感じですよね。

干場:これは今日みたいなスーツスタイルの時に着けていてもOKですか?

田中:素敵だと思いますよ。

干場:クロムハーツ、昔、取材したことありますね〜。クロムハーツって、長髪の方が着けるとかっこいいんですよね。でも、長髪の男性でかっこいいのって、スタイリストの野口強さんくらいだと思うんですけど……。

田中:確かに。

干場:これ、ダイヤモンド入りなんですね。

田中:そう、チラチラと入っています。かっこいいですよ。バリエーションが増えているんです。そして1周回って、また再びクロムハーツっていいな、って思っているんです。最近、この手のものですとテンダーロインのものを着けている方も多いですよね。でも、クロムハーツのこの繊細なダイヤモンド入りっていうのが、またいい。

干場:王道かつラグジュアリーですね。男っぽいし。この中でも僕にはどれが似合うでしょうか?

田中:これ(130万円のもの)がいいですね。

干場:大人になったら、こういうさり気ないダイヤモンドだったらかっこいいですね。いかにも、なものでなく。ちょっと貴族っぽいデザインも素敵です。そういえば昔、『LEON』を立ち上げた頃、落ちぶれ貴族っていうテーマのファッションスタイルを特集したことがあるんですが、こういう貴族趣味っぽいものを集めて、でも格好は古着とかのボロボロっていう。ジョニー・デップみたいな感じのスタイルを提案したことがあります。僕もそういう格好をしていた時期もありました(笑)。

田中:え〜!?(笑) いつもピリッとしたイメージですが。

干場:今はスーツスタイルが基本なんですけどね、昔は……(笑)。では、続いてお願いいたします。

田中:ティファニーのTコレクションです。これは一番しっくりくるのではないでしょうか。これはブレスレットをお持ちなんですものね。このTコレクションはエレガントなのにモダンな表情がとてもいいんですよね。

Tの文字をグラフィカルなデザインで表現した人気コレクション“ティファニーT”。
ホワイトゴールド 16万8000円、イエローゴールド 16万8000円(すべて税抜き)/ともにティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712)

干場:イエローゴールドとホワイトゴールドがありますが、杏子さんはどちらがいいと思います?

田中:基本的にはイエローゴールドやローズゴールドの方がホワイト系より好きなんです。

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO