FASHION ― エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

第144回 ブルネロ クチネリのチェスターフィールドコート

2017.1.8
2017.1.8

第3のブルネロ クチネリが 実はまだあったのです!

ブルネロ クチネリのチェスターフィールドコートは、エコラグの第143回でも紹介していますし、11回目のエロサバコーデでも着ているんですが、実は同時にもう一着チェスターフィールドコートを購入しておりまして……。“どこがどう違うんじゃい!”とツッコミが入りそうですが、自分でも驚いたほどの、まさかの3着買いです。セールで気が大きくなっていたんですよね、ホント。通常の価格なら僕でもさすがに歯止めが利きますが……。舞い上がっちゃったんでしょうね、きっと。平常心を保つことが僕にはムリ、ある意味気絶してました(苦笑)。

シルエットや着丈は、前に紹介したシングルのタイプとほぼ一緒。ブルネロ クチネリにしては極めてオーソドックスな形です。でも、こっちはダブルブレストなんです。同じように見えても、着てみるとやっぱり全然違うんですよね。よかったら、エロサバコーデ6回を見てくださいね。シングルはモダンだけれど、ダブルのほうは風格がある。自分をどう見せたいかとか、場の雰囲気とか、その日の気分とか、お会いする相手とか、その時々で使い分けています。

そもそも毎日、同じコートを着たくないんですよ。コートって1日中出歩いたりすると匂いやホコリが付着するじゃないですか。いくら気に入ったものでも、少なくとも1日おき、できれば2日おきのローテーションで着たい。だから、自分的には似たようなタイプをもっていたほうがいいんですよ。いろんなスタイルを楽しむのもいいんですけれども、ビジネスシーンにおいてはあまりコロコロ、イメージを変えたくないというのが干場流の哲学でして。そのほうが相手に覚えてもらいやすいですし、きちんとした格好なら誠実な人柄を印象付けられるかなと思うんですよね。これは僕がいろんな経験を通して学んだことなんです。

スーツやジャケットのときはブルネロ クチネリのコートのどれかを着ていることがほとんどですね。ダブルブレストのこの一着は100%カシミア製。すごく軽くて、手触りがいいんですよ。コーディネイトはトーン・オン・トーンで合わせるのが好きで、グレイスーツに白シャツ、グレータイやブラックタイなんかが多いです。水墨画じゃないですけど、モノトーンの濃淡だけで奥行きを表現するのって、禅のワビサビの世界にも通じている気がして、いつの間にかそういうスタイルが出来上がっていました。物静かだけれど、芯の強さがあるみたいな。皆さんも、あまり難しく考えずに挑戦してみてください!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 必ず「イエス」と言わせるクリスマスジュエリーとは? サトシーノのプロポーズ大作戦 |【PR】 2017.11.27 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO

?>