TOP > COLUMN > ヤナカの「こじラグ」
FASHION ー こじラグ

シニアエディター ヤナカの「こじラグ」

第23回 オトコの憧れ、クロムハーツのアクセサリー

2016.12.14
2016.12.14

スーツにクロムハーツがカッコ良かった。それはもちろん、不動産屋的なスタイルではなく!(笑)

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせてるのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかは分かりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

さて、第23回めはクロムハーツのアクセサリー。シルバーアクセサリー界のキング オブ キングスですね。初めて日本に入ってきたのはコム・デ・ギャルソンの青山店。宇崎竜童さんがライダースやら何やらを派手に買って、バイクで颯爽と帰って行ったってな話は、後に仲の良いスタッフさんに聞きました。その後は、ユナイテッドアローズが取り扱いをスタートし、藤原ヒロシさんを筆頭に原宿な方々がリングやウォレットチェーンを着けてる姿に憧れ、トランペットを眺める少年のように店舗のショーケースと にらめっこする日々が続きました。

そんな中、購入を決定づけたのは、ユナイテッドアローズの現会長である重松さんがスーツにクロムハーツを合わせている姿。それはそれはカッコ良く、スーツにクロムハーツがあんなにもハマるものかと、文字通り稲妻を喰らったが如く衝撃が走り、清水ダイブでキーパーリングを買ったんです。でも、写真:右に写ってるキーパーリングは、実は二代目。初代は、かつて居酒屋で飲んでいた際、酔ってハズしてテーブルに置いたまま店を出てしまったら、あっという間に行方不明。酔うと指輪ハズしちゃうよねぇ〜……と、相当落ち込み、「指輪=なくすもの」というプチトラウマが植えつけられ、しばらく購入を控えていました。

そんなこんなで月日は流れ、なんとか結婚。出逢って10年なんていう節目がやってきたとき、ひょんなことから「ダイヤモンドがひと粒入ったリングでも交換し合おうか」なんて話に。それじゃあと、自分からはバーニーズ ニューヨークのみで取り扱いのあるマルコム ベッツ(MALCOLM BETTS)を、奥様からは写真:中央のダイヤが輝くフローラルクロス リングを贈っていただきました。スイート10なんちゃらってヤツですね。我ながら甘い!

さすがに、コレをなくすわけにいかないので、つねに指に集中。酔ってもハズさないって意識を高く持ってたら、意外になくさない。ならば!ってことで二代目キーパーリングを購入し、ダイヤ入りのフローラルクロスは右手の小指でピンキーリング的に、キーパーは左手の中指にする日が続きました。

でも、周期ってあるんですかね? どうしても飽きるんですよ、長いこと着けてると。パッタリと着けなくなって、たまにスカーフ巻くときにスカーフリングとして使うなんていう、なんとも贅沢な使い方をしてみたり。写真:下のクロスボール チェーンなんて、せっかく先輩から譲っていただいたのに、今じゃアクセサリーボックス内で常にとぐろを巻いてるっていう…。まさに、宝の持ち腐れ。こりゃ、良くない。

だから、もう少し歳を重ねて、白髪の増えたジィさんにでもなったら、再度サラッと着けてみようとは思ってます。

©gettyimages

カール大帝のようなヤリ過ぎには、気をつけながら(笑)。

Photo:Ko Maizawa
Text:Ryutaro Yanaka

『FORZA STYLE』シニアエディター
谷中龍太郎

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO