Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
WATCH

第47回 手巻きデイトナの“ブラウンチェンジ”
40男が投資すべきヴィンテージ時計

2016.11.30
2016.11.30

空冷ポルシェ「911」に匹敵する資産価値を持つ腕時計

Rolex(ロレックス)のみならず、ヴィンテージウォッチの市場や相場を牽引している最強の時計。それは「Cosmograph Daytona(コスモグラフ デイトナ)」であり、異論を挟む余地はありません。

かつて、その中心に立っていたのが、名優ポール・ニューマンが愛用していたことで知られる“ポール・ニューマンダイヤル”仕様の「コスモグラフ デイトナ」です。バリエーションが豊富であることに加え、真贋を見極めることがなかなか難しく、購入はそれなりのリスクを伴います。下で1000万円オーバー、最近ではオークションで1億円越えの個体が出たりと、人気・実力ともに最強クラス。

新型のRef.116500LNの登場から、初期の自動巻きモデルとして人気のRef.16520の価格の高騰ぶりも凄まじいものがありますが、やはりヴィンテージの花形と言えば手巻き時代の個体でしょう。

最近では、Ref.6239の最初期の“ル マン”と呼ばれるダイヤル、幻のRef.6240の“ソロ”などの一部の超レアモデルは“ポール・ニューマンダイヤル”をも凌ぐ、熱狂的人気を集めています。

▶︎画像拡大表示Rolex Cosmograph DaytonaRef.6239、1967年製、手巻き(Cal.722)、ステンレススチールケース&ブレスレット、ケース径36㎜/496万円(税込)【問い合わせ】リベルタス 06-6643-9455 http://www.libertas-watch.com/

そこで今回ご紹介するのが、マニアから熱視線を浴びるRef.6239の“ブラウンエイジング”です。

こちらの個体は、通常であれば黒いはずのインダイヤルが茶色に変色しており、同年代の個体同士でも、これひとつで価格に大きな開きが出ます。なぜなら、この手の経年変化は、デニムの色落ちのように使い込んでどうこうなるものではないからです。

▶︎画像拡大表示かなり強く焼けたインダイヤル。このエイジングがあるかで同じ時代のRef.6239でも価格は100円以上変わります
▶︎画像拡大表示親しみを込めてマニア間で“ノンオイスター”と呼ばれるクロノグラフのプッシュボタン。後発の防水仕様のねじ込み式のボタンと比べるとシンプルですっきりとしています。

一口に経年変化と言ってもテイストはさまざまで、より自然な焼け具合であるほど価格は上がります。

すでに空冷ポルシェ「911」と互角か、それ以上の安定した資産価値を持つ、手巻きデイトナ。リセールバリューに関しても無類の強さを誇るので、“投資”という意味でも買いの一本であることは言うまでもありません。

Photo:Yasuhisa Takenouchi
Text: FORZA STYLE

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP