TOP > NEWS
LIFESTYLE

いま観るべき お洒落映画。Diorの衣装とストーンズの名曲が彩る、ヴァカンスシーンは必見です!

2016.12.12
2016.12.12

息を飲む映像美『胸騒ぎのシチリア』の監督は、カルティエ、ルイ・ヴィトンなどの広告を手掛けたルカ・グァダニーノ。

誰もが知るロックスター、マリアン。年下の恋人とヴァカンスを楽しむために訪れたリゾートに、マリアンの元彼がセクシーな娘を連れて押しかけてくる。マリアンの嫉妬と困惑と迷いとが最高潮に達したとき、思いもよらぬ事件が起きる─。

まるで、真夏のファッション誌を眺めているような高揚感を持って楽しめる本作。撮影地は、トルーマン・カポーティ、ジョルジョ・アルマーニ、スティングを始め、セレブが休暇に訪れることでも有名なシチリアのパンテッレリーア島。ロックスターのマリアン、カリスマ音楽プロデューサーのハリーとその娘、撮影監督のポール…、4人の品良くセクシーなリゾートファッションは見所のひとつです。

マリアンの背中が大きく開いた白の美しいドレスは、当時ハウス・オブ・ディオールに在籍していたラフ・シモンズの手によるオリジナル衣装として用意されました。マチュアな女性だからこその着こなしに、目が釘付けになってしまいそう。

自然豊かな島における大人の時間の過ごし方を垣間みることができるのもポイント。冒頭でマリアンとポールが横たわるのは天然ファンゴで、身体に塗り合う泥はパックとしてヨーロッパで大人気を呼んでいるもの。

また、4人が滞在した「テヌータ・ボルジア(Tenuta Borgia)」は、パンタテレッリーア島随一のリゾート。地元の溶岩で作られた宿泊施設は、オリーブやフルーツの木に囲まれており、このヴィラにて、島で一番有名なデザートワイン"パシート・ディ・パンテッレリーア"を飲みながらサンセットを眺めるのが、宿泊するセレブたちの楽しみ方なのだとか。

音楽プロデューサーのハリーは「いたいた! こういうノリ命の人」…と思ってしまうような、人生を強引に楽しもうとする男。一方、対立するマリアンの年下の彼は地味で保守的…。本作の脚本家、カイガニック氏は「ロック世代と、安全に生き延びようとする今の若い世代の溝を描くことを思いついた」と、語っています。

パンテッレリーア島とロックを映画の軸にしようと考えたグァダニーノ監督は、ローマで公演をしていたストーンズのロン・ウッドとチャーリー・ワッツに会うことに成功。やりとりをする中で、ストーンズをハリーのキャラクターに組み込むことが出来たのだそう。ハリーが躍り狂う『エモーショナル・レスキュー』の歌詞は、"手放した彼女をもう一度取り戻したいけど、既に手遅れ。子供みたいに泣いてやる"という、なんとも切ないもの…。

享楽的に生きてきたロック世代、対して妙に冷めた若い世代、いつの間にか進化して違うステージを歩んでいる昔の彼女…。そんな4人の間の欲望が人と人との間にどんな影響を与え、どんな駆け引きやトラブルを引き起こすのか…、続きは映画館でお楽しみください! 

Text:Yuki Kamio

『胸騒ぎのシチリア』
新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか 全国順次公開中
配給・キノフィルムズ/木下グループ
2015年/イタリア・フランス/英語/125分/ビスタ/カラー/5.1ch/原題:A Bigger Splash/日本語字幕:石田泰子

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO