Web magazine for smart 40's

TOP > BLOG > BLOG

着道楽バンザイ!
サトシーノ日記 いまこそ暴走せよ!AlexandrosのLIVEへ

2016.11.17

11.17(木)

おはようございます!サトシーノです。

昨日のAlexandrosのLIVE初日、かなり感動的でした!

まず、驚いたのは7割5分以上という驚異的な女性のファンの多さ!そして若い(笑)。ボーカル&ギターの川上 洋平くん(34歳)の人気が半端ない!

多分、俺は会場の中でもトップ10に入るくらいのミドルエイジ枠でした。

新曲「ムーンソング」からはじまり、初日とは思えないほどのぶっ飛ばし方でノンストップで演奏を続ける。どの曲もAlexandrosを象徴するような勢いのある圧倒的な「音のぶ厚さ」を感じました。CD音源と異なりLIVEは全く別バージョンで演奏されることが多いので、聴き慣れた歌も新曲のように新鮮に感じられるのもLIVE人気の理由のひとつ。

「俺たちが一番格好良い!」という迷いのない自信

gettyimages

散々、苦い経験を重ねて来てそれでも努力し続け、ようやく掴んだテッペン。きっと、今のAlexandrosの音はまさに脂がのった大トロ。チャンスがあれば、ぜひ聴きに行って欲しいです!勇気とやる気と希望をいっぺんに吸収できました!

頭の悪い自分は、感じることでしか脳に刺激がいかない。LIVEのエネルギーがガソリンなんです。「頭で考えずに体で感じろ!」でしかない。

あと、若い世代と一緒の現場で浴びることで、なにより元気をもらえる。今の10代、20代のエネルギーは、純粋でまっすぐ。濁りのない、混じりけのない情熱が、きっと今オトナを動かす要素なのだと思う。冷めた世代なんて誰が言った? ってくらい凄く熱いんです。会場の女性たちのピュアな瞳から流れる涙を見てそう思いました。LIVE終盤のNEW WALLで、私も感極まって思わず号泣……。

最後に強くかんじたことは「今やるしかないじゃない」ってこと。

洋平君は、こういってます。

高望みと言われて、才能がないといわれても怯めるほど僕は賢くなくて。
1番になったって、2番になったて結局最後はみんな消えていくんだ。
僕が死んだって、何も残らないから、生きているそのうちは死んでたまるか。

今日は、洋平ルックで決めました。俺も心動かす志事を目指す。


レザージャケット/ニール バレット
ニット/バナナ・リパブリック
パンツ/ニール バレット
ブーツ/エルメス

そう、いまこそRun Away!(暴走せよ!)突っ走るしかないじゃない!

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP