Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
BUSINESS

アメリカ大統領選勝利!
ドナルド・トランプの独自ファッション

2016.11.9

アメリカはジョーカーを選んだ。共和党のドナルド・トランプ氏。11月9日、激戦区と呼ばれる「スイングステート」をゾクゾクと抑えて、アメリカ大統領というカードを手に入れた。泣く子も黙る不動産王は、うなるほどのカネにものを言わせて、口角泡を飛ばし続けてきた。

アンチトランプ陣営からは、「ネクタイが長すぎてダサい」という指摘も

「メキシコとの間に万里の長城を作ろう。もちろん、費用はメキシコ持ちだ」
「中国や日本を打ち負かせ」
「移民は出ていけ!」

熟慮の政治家だったオバマに対するフラストレーションが反知性主義に走らせるのか、トランプ氏の過激発言に溜飲を下げる米国民は多い。そんなトランプ氏のファッションは個性的、否、「個性の塊」だ。
あまり知られていないが、トランプ氏は自分のスーツブランド「ドナルド・トランプ」を持ち、自身もモデルとして広告に登場している。気になる値段は500ドル程度と、強気な発言とは裏腹に求めやすいラインナップだが、自身が好んで着ているのはイタリアの超高級スーツだというから、期待を裏切らない。大きな肩パットと冷蔵庫のようなフォルムのスーツがお気に入りだが、これを着こなせる人はそう多くはないだろう。
また、金髪の前髪を垂らした奇妙なヘアスタイルには「ウィッグだろ!」というかつら疑惑も噴出している。しかし、「ほら、触ってみたまえ、頭皮が汗をかいてるだろう」と実際に有権者に髪の毛を引っ張らせ、頭髪チェックまでさせて、疑惑を喝采に変えてしまう手腕もある。大きくて強かった、かつてのアメリカをもう一度。トランプ氏のファッションからは、「時代錯誤、大いに結構」という開き直りが持つ強さが透けて見える。

トランプが率いる超大国は、今後どこへ向かうのだろうか。

Photo:getty images
Text:栗原P

>>>栗原Pのブログはこちら

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP