Web magazine for smart 40's

TOP > VIDEO
FASHION

ビームスの40周年記念プロジェクト動画が とにかく豪華で、凄すぎるんです!

2016.10.25


ビームス誕生から現在までの東京の40年をファッションと音楽で表現!

1976年に誕生、そして2016年に40周年を迎えたセレクトショップ界の雄、ビームスが創業40周年を記念し、新規プロジェクト「TOKYO CULTURE STORY」を発足。その第一弾として、40年間の東京のカルチャーを、ファッションと音楽というふたつの視点から振り返るミュージックビデオ『TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)』を公開し、大きな話題になっています!

ちなみに「TOKYO CULTURE STORY」とは、ビームスが東京の若者文化と共に歩み、共に創り上げてきた40年間にフォーカスを当てるプロジェクトとのことで、今後も移りゆく時代の中で、ハッピーなモノやコトを世の中に発信していこうというメッセージが込められているんだそう。

その第一弾として公開された『TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)』は、ビームス誕生から現在までの東京の40年をファッションと音楽から振り返っているミュージックビデオ。こちらの動画内で、モデルが身につけているファッションは、本企画の全体スタイリングディレクションを手掛けた島津由行氏をはじめ、伏見京子氏、井嶋一雄氏、木俣歩氏、二村毅氏、管沼詩乃氏、高橋ラムダ氏、遠藤彩香氏ら各年代を代表するスタイリスト陣が、当時の貴重なコレクションの数々を掘り起こして時代性を表現。衣装点数は各年代合わせて、なんと350点以上! 

ビームスが誕生した頃に流行していたヘヴィーデューティをはじめ、カラス族、渋カジ、アムラー、ノームコアなど、各年代を象徴するスタイルが一年ごとに紹介される、日本初のファッション・音楽ヒストリー映像に仕上がっています。

音楽には、40代なら馴染みの深い、小沢健二とスチャダラパーによって1994年にリリースされた大ヒット曲『今夜はブギー・バック(smooth rap)』を採用。この曲を各時代を代表する総勢17組のアーティスト(70年代は南佳孝と戸川純、80年代はGUITAR WOLFのSEIJI、MUTE BEATのこだま和文、森高千里、90年代はBOREDOMSのEYE、野宮真貴、サイプレス上野・高木完、2000年代はHUSKING BEE、ナカコー&フルカワミキ、クラムボン、sasakure.UK feat. 初音ミク、2010年代はチームしゃちほこ、tofubeats、仮谷せいら、SuchmosのYONCEと、こちらも相当に贅沢!!)が、メドレー形式でカバーミックスしています。

まぁ、テキストを読んでいただくより、動画を拝見していただければ、きっとその凄さを体感していただけるはず! 40年間トップランナーとして、日本のファッションを牽引してきたビームスの底力と、これからの切り開いていく気概を感じることができますので、ぜひ一度!と言わず、二度も三度もご覧になってみてください!

Text:Ryutaro Yanaka

【問い合わせ】
http://tokyoculturestory.com/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP