Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

第125回 マルモラーダのマウンテンブーツ
干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

2016.10.30
2016.10.30

人気ブランドの一足に行きつけの古着店で遭遇

ちょっと前に紹介したヴィンチのマウンテンブーツをよく履いていたんですが、色がベージュなので秋冬のファッションには明る過ぎるんですよね。ミディアムグレーやチャコールグレーのパンツと合わせると、足元だけ少し浮いた感じに見えてしまってどうも落ち着かず、自分で染めてしまおうかとも思っていたのですが…、そんなときに出合ったのがこのブーツでした。

マルモラーダは、イタリア北部のドロミテを拠点にするフラテッリ ジャコメッティ社のハンドソーン技術を駆使した、ノルベジェーゼ製法のマウンテンブーツをつくるブランドです。アルプスを眺めるこの土地は、登山用のハンドメイドシューズをつくっていた歴史があったのですが、衰退してしまっていたのを、この地に唯一残る紳士靴メーカーである同社が復活させたんだそうです。しかもこれ、マウンテンブーツのくせに軽くて柔らかいんですよ。手作業にこだわりながらも、グラスファイバーを使ったシャンクを採用し、ミッドソールにも溝を入れるなど、いろんな工夫がなされているんです。

おおっぴらにはできませんが、フラテッリ ジャコメッティ社といえば、さまざまな世界的な一流メゾンのファクトリーとしてOEMを手がけている会社としても有名。超絶な技術力をもっているのです。そんなことからマルモラーダのマウンテンブーツがすごく流行った時期があって、なにをいまさら、という気もしましたが、高円寺の行きつけの古着店「サファリ」で見つけてしまったんだから、これを見逃す手はない、と。パティーヌ仕上げで人気のブランドなのに、あえてスエードというのもいいかな、と思いまして。

でも、買って帰ったら、実はヴィンチのマウンテンブーツの色合いとそんなに変わらなかった(苦笑)。そこで、恐る恐るブラウンの靴クリームをトゥやヒールカップ周りに塗ってみたところ、意外によかったんですよ、これが……。で、気持ちが大きくなって、色を重ねて味わいを出してみました。イメージはこの連載でも前に紹介したヴィットリオ スペルナンツィオーニのスニーカーなんですけど、あんまりやり過ぎるとパンツに色移りしてしまうので、抑えめにしておくことが肝心です。履く前に、色を数種類重ね塗りしてサッとブラッシングするだけで完成。そんなに手間がかからないので、スエード靴の色が明るすぎるかな、と感じている人はぜひ試してみてください。最初は、恐る恐る、ってことがポイントです(笑)。

Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP