Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

【PR】編集長・干場が選ぶ「バナナ・リパブリック」のエロサバコーデ(ホリデー編)Vol.2

2016.11.7
2016.11.7

グレーニットで着こなしに大人の余裕をプラス

クリスマスをはじめ忘年会や同窓会など、年末年始にかけて一般的に休暇を取ることが多いホリデーシーズン。プライベート行事も盛りだくさんで、お洒落して出かけるシーンが増える楽しい時期です。しかし12月と言えば、仕事も忙しく、なにかと出費もかさむことが多く、できれば着回しの効くアイテムを買って、賢く様々なシーンを乗り切りたいものです。 そこで今回、編集長・干場が「バナナ・リパブリック」からホリデーシーズンに使える今季注目のアイテムをご紹介。T.P.P.O※別に3つのコーディネートを作り、「エロサバ※」な着回し方を時短で伝授します!

※T.P.P.Oとは、Time(いつ)、Place(どこで)、Person(誰と)、Occasion(どんなことを)。

※「エロサバ」とは、“エロいコンサバ”の略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのにも関わらず、着こなし方次第でセクシーにエロく見えるスタイルのこと。

今回のメインになるキーアイテムは、6色展開するクルーネックのニット。肌触り抜群のスーパーファインメリノウール100%の素材を使用した「バナナ・リパブリック」の中でもファンの多い、超人気のアイテム。そんなアイテムから編集長の干場が選んだのは、ベーシックカラーのグレー。大人のカジュアルスタイルに必要な清潔感と知的さを併せ持つこの色は、ネイビーと同じくエロサバの鉄板カラーであります。

シーン1【妻と一緒にショッピングデート】
Pコート 3万5000円、ニット 9900円、シャツ 7900円、デニム 8900円、シューズ 2万円(全て税込価格)

 

【干場 コメント】
ショッピングデートのシーンで、このニットを着る場合のキモは、なんといってもギャップを作ること。そう、オンタイムにスーツ姿で見せるビシッとした仕事の表情とは違う、大人の男性の中に潜在的に眠っている「少年の顔」を覗かせるのがポイントなのであります。そんな着こなしにピッタリなアウターと言えば、定番のPコート。カシミア混が出す上質な風合いが、学生のPコートとは違った印象になり、成熟した大人の男性が着ることで、かわいらしさを演出できるのです。とはいえ、あまり幼い印象に着こなすのも歳甲斐がないので、今回選んだようなグレーのクルーネックのニットがバランスをとってくれるのです。

シーン2【上司のホームパーティに招かれて】
ニット 9900円、シャツ 7900円、ジャケット 4万5000円、パンツ 9900円、シューズ 2万円(全て税込価格)

 

 

【干場 コメント】
上司の家に招かれるシチュエーションの場合、コーディネートで一番気をつけなければいけないのは、上司のご家族の方々に愛されるような好印象さを保つこと。好印象といえば、なんと言っても白シャツです。白シャツにグレーのニットなら、控えめながら優等生のような落ち着きすらも感じさせてくれるはず。上司に奥様がいらっしゃるケースを考えれば、着なくてもいいので、手にはキャメルのジャケット持っておくこと。きちんとした印象と、センスの良さもアピールできます!

シーン3【年末恒例の大学の同窓会】
ニット 9900円、レザージャケット 4万8000円、デニム 1万2000円、ブーツ 2万円(全て税込価格)

 

【干場 コメント】
気が合うメンバーが多い同窓会では、コーディネートで気張る必要はありません。ライダーズジャケットとブラックデニムで男らしく大人っぽくまとめれば、距離があった男の友人とだってすぐに昔のように打ち解け合えるはず。シングルライダーズなら、ダブルほどハードに見えず、シンプルなデザインでスタイリッシュに決まります。ジップアップブーツは脱ぎ履きしやすいので、座敷飲みでも楽チン。2次会のBARでは、当時ちょっと好きだったあの彼女にライダーズを肩掛けしてみてはいかがでしょう? 「大人の余裕」を演出できるはずです。その際は、良い香りをさらっと忍ばせておくのも、エロサバのテクニックのポイントです!

シーン4【妻とゴスペルのコンサートに】
ニット 9900円、コート 5万円、パンツ 8900円、ブーツ 2万円(全て税込価格)

【干場 コメント】
ゴスペルのコンサートに行くなら、ドレスアップした奥様を引き立ててエスコートするのがスマートな40男の役割。そんな時に役立つのがジャケット代わりに羽織るエレガントなチェスターコートです。光沢感や高級感のあるグレーのヘリンボーン柄を選べば、インナーはニット一枚でも上品に決まります。さらに、シューズやパンツを黒でまとめることでモノトーンのミニマルなコーディネートが完成し、知性を感じられる大人の男を演出できるはず。

Photo:Ryouiti Onda
Stylist:Masaki Saruwatari
Hair make-up:Yuko Uchida
Model:MARTA K.(WOMEN) DANIELE M.(Men)
Text:Satoshi Nakamoto

(メンズ)Pコート 3万5000円、ニット 9900円、シャツ 7900円、デニム 8900円、シューズ 2万円(レディース)コート 2万3000円、ニット 9900円、デニム 1万1000円、シューズ 1万3000円 (干場着用)エクストラファインメリノセーター 8900円(全て税込価格)

【問い合わせ】
バナナ・リパブリック
0120-77-1978 
URL:http://bananarepublic.gap.co.jp/browse/category.do?cid=1053251

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP