Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

不良のカリスマ哀川翔×ちょいワル干場
「不良とは男の美学と見つけたり」

2016.10.20
Page 1/2
2016.10.20

遊ぶために働く 生きるためには働かない

現在、NHKの大河ドラマ「真田丸」では真田幸村の盟友、後藤又兵衛役を熱演して話題を呼んでいる哀川翔。芸能生活32周年を迎え、55歳になった哀川が、自身の経験に基づいて人生訓を収録した書籍「ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!」(KADOKAWA/角川マガジンズ)も好評発売中だ。

哀川といえば、男なら誰もが認める芸能界の“アニキ”にして、カッコイイ“大人の不良”の見本でもある。そんな翔アニキと、今から15年前、「ちょいワル」という言葉を世に放った本誌編集長・干場義雅がスペシャル対談! まったくタイプの異なるふたりながらも、お酒の勢いもあって(?)トークは白熱! ファッションのコダワリから、酒の飲み方、煙草遍歴、そして不良の定義まで、これまで散々カッコイイ男に触れてきた編集長・干場をして、何度も「カッコイイ…」と素でいわしめた哀川翔の男の美学とは……。前回、前々回に引き続いて、お届けする「後編」は、100人キャンプの話題から、哀川流・不良の定義まで。男なら必読。ソイヤッ!!

FORZA STYLE:前編ではファッション、中編ではお酒や煙草に対するコダワリをお伺いしましたが、ここまで翔さんのお話を聞いていて、編集長、どうですか?

干場:作り込み方がハンパじゃないですね、すべてにおいて(笑)。

哀川:ああ、そういえば煙草で思い出したけど、俺の統計では喫煙者には花粉症が少ないんだよ。大体、9割は花粉症じゃない。俺、いっつもアンケート取ってるの。

干場:アンケート取ってるんですか!

哀川:取ってるの(笑)。喫煙所行くと、全然知らない人でも「花粉症?」「花粉症?」って聞いてるから。

干場:聞かれる人、怖いでしょうね(笑)。

哀川:俺、実は飛鳥新社(出版社)上がりだから、結構アンケートやってたんだよ。もともと、「ポップティーン」でライターやってたからね。だから、みんなに聞いてアンケート取って。その統計では、9割花粉症じゃない。このアンケート調査は書いといて(笑)。

趣味の枠を超えた趣味

干場:わかりました(笑)。話変わりますけど、翔さんが養殖されてるカブトムシも8.8センチが出たんですよね? そもそも普通は天然でしかあり得ないサイズを、人工でうみ出そうとしてるんですよね?

哀川:俺が、人工で初めて天然のカブトムシを超えたからね。8.8が出たんだったら、9センチも超えるだろうって言われてる。俺、カブトムシ業界ですごく注目されてるんだよ。こいつは9センチ超えるかもしれないって。

干場:もはや趣味の粋じゃないですね(笑)。やっぱ極めちゃうんですね、なんでも。

哀川極めるっていうか、子供がまんま大人になってるだけなんだよ、俺は。ただ、確実に大人の感覚もバリバリあるし、年下とも付き合える。だから、年々、幅は広がってるんだよ。俺は人生、先細ってくのが大っ嫌いだから、(頭上で両手を広げながら)死ぬときはこうでありたいっていうのが願望で、あるんだよね。

干場:いやー、カッコイイ。

哀川絶好調で死にたいっていうのがあるから、すごく交友関係は大事にしてる。上から下まで。最近は、そういう気の遣い方ができるようになってきた。具体的にどういうことかって? どこのニーズでも応えられるようになってきた、ってことだね。

100人キャンプの感動エピソード

干場:どこのニーズでも(笑)。僕、テレビで観て思ったんですけど、翔さん、毎年、「100人キャンプ」をやられてるじゃないですか。そこで、みんなを楽しませようとする感じがエンターテイナーというか、普通なら、めんどくさがりそうなところまで全部やられるのがすごいなって。

哀川:いや、だんだん、めんどくさくはなってるんだけど、一方で余計なことをしなくなってくるからね。ここで一発号令かければオッケーだな、みたいな最小限度になってくるのよ(笑)。来年で20周年だからね、うちらのキャンプも。

干場:20年やり続けるって、すごいですよね。いつも100人とかでやられるんですよね?

哀川:うん、100人。最高が168人かな。ただ、100人超えると、ご飯が大変。100人までは簡単だけど。

FORZA STYLE:しかも、翔さんのキャンプは毎回、花火師まで呼んでるんですよね?

哀川:呼んでるっていうか、花火師が勝手に来るんだよ。でも、おかげで盛り上がるんだよね。みんな泣いてるもん。うちらがキャンプ張るところは200人ぐらいの集落で、その集落の人たちもいろんなところで観てるんだけど、全部が打ち上げ終わったときに「今年もありがとうございました!!」「どうもありがとう!!」って、あっちこっち山の中から声が聞こえるの。花火師がいちばん感動してると思うよ、あれは。

干場:花火師冥利に尽きますね。でも、花火師の人は仕事じゃないわけですよね?

哀川:仕事じゃないよ、プライベートだよ。とりあえずタダじゃ悪いからって、みんなからのカンパで集まった分は払うけど、たかが知れてるよ。20~30万円だもん。1000発あげるんだよ? 俺、前に「男気じゃんけん」で100発買ったら、70万円取られたもん。ってことは、単純計算で700万円じゃん。花火師の心意気だよね。

干場:その方は、もともとお知り合いとかでもないんですか?

Page 1/2

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP