Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
FASHION

ちょっと眺めのいいイタリアンへ行かない?
「アマン東京」のダイニングがリニューアル

2016.10.19
2016.10.19

新シェフ就任のザ・レストラン by アマンで、至福と口福と眼福を楽しむ

開業から多くの話題を集めたアマン東京のメインダイニングである「ザ・レストラン by アマン」がイタリア料理のファインダイニングとして生まれ変わりました。新しくレストランの料理長に就任した平木正和さんは、イタリアで17年の経験を積んだのち、アマン東京へ。とはいえ、1976年生まれという若さ。気鋭のシェフが、この都会のラグジュアリーダイニングで腕をふるいます。

在イタリア17年のうち最初の3年はイタリア各地の味の研鑽に勤め、残りの13年はヴェネチアで過ごした平木シェフ。イタリアでのキャリア最後の3年間は、高級ホテルのザ・バウワーホテルで料理長を務めていました。世界中から舌が肥えた人々が集まる街、ヴェネチアで認められた平木シェフが、久しぶりに戻った日本で、日本の食材と旬をたっぷりと取り入れ、イタリア伝統の味と融合して創り出すイタリアンは、盛り付けの美しさとともに、繊細でいてオーセンティックな味。また、アラカルトで供されるイタリアらしいTボーンステーキは、なんと黒毛和牛で登場。適度な霜が入ったジューシーなサーロインを1キロ2名以上から楽しめるそう。また、季節感を重視するため、2ヶ月に一度メニューが変更される予定だとか。もちろん、料理に合わせたワインもヴェネチアのあるヴェネト州のワインを中心に、プレミアムワインもラインナップされているそうですよ。

関西出身の平木シェフは、関西からイタリアに修行に出たので、東京を舞台とするのは今回が初めて。大手町は世界一の魚市場、築地市場にも近いため、勉強を兼ねて頻繁に訪れ、そこでメニューのヒントを得ることも多いとか。勉強熱心なシェフの情熱が料理の一つ一つに込められています。「これからはヴェネト州のテイストを盛り込んだメニューも増やしていきたい」とのことです。

アマン東京といえば、レストランがある33階から眺める素晴らしい景色もごちそうのひとつ。天気の良い日の昼間は、東京の摩天楼の先に雄大な富士山を眺めることもでき、夜は宝石箱のような夜景が。口福と眼福を共に味わえる、至福の時がここには用意されています。「今日は、天空のレストランでイタリアンを堪能しない?」とパートナーを誘ってみるのはいかがでしょうか? お腹を満たした後は、となりのバーで余韻を楽しむのもいいですね。

ランチはコースでなんと4900円〜(税込・サービス料別)と、なんともお手軽。ディナーは1万2000円〜(税込・サービス料別)。ちょっとがんばったときの、ご褒美に、いつもよりすこし贅沢なランチやディナーにぴったりです。


【問い合わせ】
ザ・レストラン by アマン
東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー
03-5224-3339
amantokyo.com

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP