Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

近未来車より今そこにあるMINIが気になる!

2016.10.8
2016.10.8

人気のクラブマンにJCW誕生

開催中のパリ・モーターショー(2016年10月1日~16日)からライフスタイル系の注目車をご紹介します。指名買いの筆頭株、MINIのブースでワールドプレミアを迎えた「ジョン・クーパー・ワークス(以下、JCW)クラブマン」です。

MINIのなかでもっともスポーツ濃度の高いホットなモデルがJCW。現在のラインナップは3ドアとコンバーチブル、クロスオーバーとペースマンに設定されているのですが、ココに左右両開きのハッチゲートが特徴的なステーションワゴンのボディをもつクラブマンが加わることになります。

 

パワーユニットは2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し、クーパーSより39hp(29kW)高い最高出力231hp(170kW)/5000-6000rpm、最大トルクは70Nm高い350Nmを発生。駆動方式は定評あるALL4(四輪駆動システム)。ついつい気にしてしまう最高速度はMT、ATともに238km/hと、可愛げない速さを持ち合わせます。

ところで、MINIといえば❝ミニクーパー❞というワンワードで認知されている方も多いのですが、正式には車名が「ミニ」で、「クーパー」はグレード名です。ちょっとクルマに詳しい方ならご存でしょうが、あらためてクーパー伝説を振り返ってみたいと思います。

初代MINI(クラシック・ミニ)が誕生したのは1959年。スエズ動乱(第二次中東戦争)の影響から、低燃費でコンパクトなモデルが求められていました。開発したのは今では天才エンジニアとして著名なアレック・イシゴニス。数々の名車を生み出し、後にサーの称号を与えられます。

天才エンジニア、アレック・イシゴニスが1958年に描いたとされるMINIのドローイング。
▲拡大画像表示

MINIのポテンシャルを大幅に高めたクーパーが誕生したのは1962年。アレック・イシゴニスのレース仲間であったジョン・クーパーが、そのポテンシャルの高さに注目しチューニングしたMINIをイシゴニスに見せたのがきっかけとなりました。

ちなみにジョン・クーパーは生粋のレース人で、MINIが誕生した1959年から2年連続でF1コンストラクターズタイトルに輝く人物。

こうした経緯から誕生したMINIクーパーは、数々のレースで活躍することになります。なかでも伝説となったのは1964年のモンテカルロ・ラリーでの勝利です。大排気量(MINIに比べれば)のライバルを尻目に、翌1965年、また1966年にも勝利し、その名を不動のものとしてしまうのです。

1964年モンテカルロ市街地を疾走するパディ・ホップカーク/ヘンリー・リドン組
▲拡大画像表示

ハナシを戻しますが、つまりクーパーさんへのリスペクトから「クーパー」というグレード名が誕生し、そこに数々の伝説と愛らしいデザインとが相まってワンワードで呼ばれるほど人々に浸透していったのです。そして今日、そのレースの血統はJCWへと受け継がれています。

いわばMINIクーパーのプロトタイプを作ったジョン・クーパー(奥)と、その後、事業を引き継ぎJCWの祖を築いた息子のマイク・クーパー。
▲拡大画像表示

発表直後ですので「MINI JCW クラブマン」の日本導入は未定ですが、そう遠くないタイミングでアナウンスされることでしょう。使い勝手の良さとファッション性で注目されるクラブマンですが、そこに走りのJCWが加わり、さらに魅力的なモデルとなりそうです。

Text:Seiichi Norishige

価格:未定

MINI
0120-3298-14(MINIカスタマー・インタラクション・センター)
■The new MINI John Cooper Works Clubman.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP