Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

タモリも絶賛! 絶景を望む「裏磐梯レイクリゾート」
【連載】週末彼女と行きたいコスパ宿 第44回 

2016.10.12
2016.10.12

アクティビティなど五感を刺激する旅にピッタリな 大人のラグジュアリーホテル

先日テレビ番組の「ブラタモリ」で裏磐梯が取り上げられ、火山好きのタモリさんが、「今まで見た中で1番のごちそうです」と思わず口にした裏磐梯。実は絶景スポットとしても有名な場所なのです。

特に格別なのが、これからの秋の季節。周辺にはゴールドライン、レイクラインといった観光道路があり、桧原湖や小野川湖、秋元湖が一度に臨める「三湖パラダイス」をはじめ、多くのカメラマンをも魅了する、裏磐梯の大自然を一望できるスポットがあるのです。これから最も贅沢な紅葉を訪ね、週末を過ごしてみるのはとにかく素敵です。

そこで今回ご紹介したいのは、国立公園内にあり、桧原湖畔に立地する「裏磐梯レイクリゾート」。日本百名山のひとつ、磐梯山を望み、観光名所五色沼へも徒歩5分という絶好のロケーションに鎮座。四季折々の表情を見せる大自然を満喫できるのも素敵ですが、観光拠点として活用できる好立地も最大の魅力のひとつです。

新館・虹の森は、昨年全室を完全リニューアルし、「裏磐梯猫魔ホテル」の洋館クラシックな内装をモダンにアレンジ。古きよき洋館の雰囲気、歴史を感じさせながら、綺麗な客室に生まれ変わりました。

また、豪華絢爛なロビーには秦の始皇帝の銅馬車や、ハイセンスなアートが展示され、思わずため息が漏れてしまいそう。この非日常空間は、普段蓋をしている深い意識に何か問いかけてくれるかのようです。

新館・虹の森は、大人のラグジュアリーリゾートという言葉がピッタリ。日常の喧騒から離れ、裏磐梯の雄大な自然に囲まれながら、ゆったりと流れる至福のときを過ごすことができます。

スペーリアツインは、ゆったりと寛げるソファと豪華なシャンデリアを配置したゆとりのある空間になっています。洋館のクラシックな装いを現代にアレンジしたインテリアをテーマにしたお部屋で、窓越しに見える裏磐梯の四季に癒されながら、足を伸ばしてゆっくりとリラックスしてくださいね。

猫魔温泉の特徴は、めずらしい"赤褐色のにごり湯"です。源泉100%掛け流しの天然温泉で、露天温泉「ひばらみの湯」からは桧原湖を近くにのぞみ、裏磐梯の四季が堪能できます。穏やかにそよぐ風に小鳥のさえずり、木々の揺れ合う音のなかでの入浴は、言葉では表せない程の贅沢を感じることができ、日々の疲れを洗い流すことができるでしょう。雄大な自然から、パワーを充電できそうですね。

ちなみに猫魔温泉は、メタケイ酸を200mgも豊富に含む「美肌の湯」なので、天然の化粧水とも呼べる保湿効果があります。彼女もすべすべの肌を実感して、大喜びしそうですね。

今回のリニューアルにあたり、国内一流の料理人が和・洋ともに集結。宿泊されたプランや好みに合わせたスタイルを、和食から洋食、バイキングまでこだわりの料理を堪能できます。

洋食料理長の大矢弘榮氏は、元プリンスホテル総料理長を歴任し、天皇陛下より黄綬褒章も受章された実績があるほど。「プリンスの顔」と言われた大矢洋食料理長のビュッフェは、すでにクチコミでも評判なのです。

和会席は、趣向を凝らした3種類のコースから選択できます。会津地鶏など地元の食材を使ったお料理や、季節限定の食材を使ったお料理などがいただけます。

食事を終えた後も、裏磐梯レイクリゾートの夜はこれから! まだまだお楽しみがいっぱいです。大人のプレイスポットにはBARがあり、1杯飲みながらダーツやビリヤードを楽しめます。卓球・シミュレーションゴルフなどではついつい本気の勝負になってしまいそう! カラオケルームもありますので、思う存分リゾートの夜を満喫してくださいね。

さらに「裏磐梯レイクリゾート」の特筆すべき点は、宿泊者限定で、裏磐梯の自然と魅力を満喫できるアクティビティが楽しめるということ。魅力を知り尽くしたガイドが、丁寧にエスコートしてくれるので、二度おいしい時間が過ごせます。

すべての季節が旬ともいえるアクティビティが楽しめ、夏はカヌーや川遊び、秋はダイナミックな素晴らしい紅葉、冬もスノートレッキングやワカサギ釣りと、どれを選んだらいいのかと思うほど大充実。旅行の時には、現地の人の声が1番! 彼女と興味のあるアクティビティを選んで参加したら、より一層思い出が増えそうですね。

また、裏磐梯では通年通じて満天の星空と、たくさんの流れ星も! 星空がきれいに見える国立公園のサイトステーションまでも車で10分程の距離ですので、彼女と二人、静かに夜空を見上げるなんていうのもロマンティックですね。

いろんな楽しみが詰まった旅が終わる頃には、タモリさんの言ったごちそうの意味が理解できるのではないでしょうか。週末をただのんびり過ごすだけではもったいない、アクティブなカップルにオススメな「裏磐梯レイクリゾート」で、五感をたっぷり刺激してみてはいかがですか。

Text:Rina Sohn

裏磐梯レイクリゾート
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山1171-1
0241-37-1111
http://www.lakeresort.jp/

1泊2食付き 
【休前日】
※1名様(2名1室利用)1人
新館虹の森ペントハウスダブル 1万7,000円(税サ別)~
新館虹の森スーペリアツイン  1万9,000円(税サ別)~  
新館虹の森デラックスツイン  2万8,000円(税サ別)~

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP