Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
LIFESTYLE

フィギュアスケート、村主章枝。
ジェンダーレスを公表した、氷の女王の壮大な人生・恋愛観
東京独身レポートVol.22

2016.10.14
Page 1/3
2016.10.14

「人ごとに宿命には『範囲』があると思う。その範囲の中で、どれだけ素敵な運命をたどるかは、自分次第」

「氷上のアクトレス」。そう世間に言わしめ、表現力の女王として スケート界の女王に君臨した女性、村主章枝(すぐり ふみえ)さん(36)。

日本の元フィギュアスケート選手であり、また現在では、自身でアイスショーをプロデュースすべく、カナダ 、中国など各国を飛び回り、振付師として活躍しておられます。

四大陸選手権優勝3回、全日本選手権優勝5回という快挙を成し遂げ、さらにはソルトレイクシティオリンピック5位、トリノオリンピック4位。2003年GPファイナル優勝。2002年・2003年世界選手権連続3位、2006年世界選手権2位など、その記録をあげれば切りがありません。



そんな村主章枝さんは、今年4月発売の「週刊ポスト」の表紙で『フィギュア女王衝撃スクープ袋とじ撮り下ろし村主章枝「全裸ヌード」』と題した妖艶な姿を世間に披露し、さらにはフジテレビ系「アウト×デラックス」にて、マツコデラックスさんと矢部浩志さんを前に、自身の恋愛対象が、性別にこだわらない「ジェンダーレス」であることを告白されたことでも話題を集めました。「スケートに没頭していて男性との縁がほとんどなかった。彼氏も長らくいない。恋愛対象が女性というのもアリなのかもしれないと思えてきたんです」とのこと。

そんな村主さんに、なぜ常に上を目指し続けられるのか、また、これまでの恋愛とこれからの恋愛についてお伺いしました。「何者か に試練・使命を与えられているとしか思えない。そう思うからこそ 、人生の中で、与えられた宿命と使命を全うしたい」。そう語る村主さんの目には、どのような光景が広がっているのでしょう。

西内悠子(以下、西内):本日はよろしくお願いいたします。村主さんと言えば、演技や作品に対する飽くなき探究心とこだわり、そして、現役選手を引退されてもなお世界中を飛び回り活躍されていて、とにかく「アグレッシブな女性」ですよね。

村主章枝(以下、村主):そうですね。とにかく常に目標があるんです。また、エンタテインメントの世界がとにかく好きなんですね 。

西内:また、アグレッシブで気迫のある女性かと思えば、「アウト×デラックス」が放送された際には、物腰柔らかでフンワリした雰囲気の女性だなという印象を受けました。 何か心境の変化があったんでしょうか?

村主:いえ、特にはないんですが(笑)。ただ、スケートと恋愛では人が変わってしまうというのもあるかもしれないですね。

西内:ちなみに、常に向上心と目標を持たれているという村主さんですが、今の目標って何なのでしょうか?

村主章枝さん、現在の目標とは

村主:死ぬまでに「アイスショーをプロデュースしたい」ということですね。

西内:スケートで何度も優勝し第一線で活躍された村主さんなら、すぐにでもできてしまいそうな気がするのですが。

村主:全くそんなことないですよ。これまでの実績とは全く別物です。それに、上には上がいますから。アイスショーをプロデュースするというのは本当に大変なことなんです。それに、私は既存のものではなく、新しい作品を世に送り出したいという気持ちが強いので、より大変なんです。今あるものと同じことをやるのでは物足りないですし、つまらないですから。 そのための勉強という意味でも、現在は振付師としての勉強をしたり、また海外の子供達にスケートを教えたりしているんです。

西内:「ジェンダーレス」、つまりジェンダーには「こだわりがない」けれど、勝利や作品には「こだわりがある」ということですよね。

勝つことには、こだわりがない

村主:いえ、勝つことにはあまり「こだわり」がないんです。ただ、良い作品を生み出すことや、良い演技をすることにはめちゃくちゃ「こだわり」が強いですね。また、 自分だけが満足すれば良いのではなく、お客様に楽しんでいただけることまで含めて「こだわり」を持っています。やはり、競技もショーも、時間とお金をつかってみに来てくださるお客様に満足していただいてこそなので。

西内:ただ、四大陸選手権優勝3回、全日本選手権優勝5回など、大きすぎる偉業をこれほどまでに達成されてこられたら、目標を見失ってしまったりしないんでしょうか?「燃え尽き症候群」のようになったりだとか。

上には上がいる、現状満足はしない

村主:それはないですね。なぜかというと、常に色々なものを見て、色々なものに触れているからだと思います。そうすると「上には上がいる」ということが分かり、目標を見失っている暇はないんです。なので、「自分は何がやりたいのか分からない」という気持ちにはなったことがないですね。

西内:たしかに、現状満足した気になる原因は、外のより素晴らしいものに目を向けていないことによる慢心によるものなのかもしれません。ただ、それほどまでに上を目指す中で、恋愛はどのように両立されてきたんでしょうか?

おろそかになりがちな、恋愛

村主:両立はなかなか難しかったです。やはり、全精力がスケートに向いているから、どうしても恋愛がおろそかになってしまうんです。ただ、私は何でも全力投球なので、現役時代に「もう壊れてしまうかも」というくらいに恋愛にのめり込んだこともあります(笑)。

西内:そんな大恋愛をしながら現役選手として活躍されるだなんて、どれだけエネルギッシュなんですか!

村主:でも、結局は「このままでは精神的に壊れる」と思い、スケートを選んだんですよね。やっぱり、どちらもあまりにも本気になってしまうので、両立しようと思うと心身ともに壊れてしまいそうになるんです。「心身を休めることも仕事」なので、そんな時はスケートを選んできましたね。

西内:たしかに、スケートであれほどの結果を出し、さらに恋愛にも全力投球だなんて、壊れてしまいますよね...。ちなみに、結婚願望はあるんですか?

Page 1/3

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP