Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
WATCH

セイコーの135年周年を祝う
「グランドセイコー」

2016.9.15
2016.9.15

記念モデルにふさわしい外装へのこだわりに注目!

この頃、ネイビーを中心にカラーダイヤルをだいぶ見かけるようになりました。その裏で、ツウなブランドがこぞってブラウン系のダイヤルをリリースしていることをご存知でしょうか?

「Grand Seiko(グランドセイコー)」からセイコー創業135年周年を記念して、セイコープレミアムウオッチサロン限定モデルとして発売する「MECHANICAL HI-BEAT 36000 GMT(メカニカルハイビート36000 GMT)」の特別モデルも、それに該当する一本です。

早速、外装のお話から。言わずもがな主役となるのは、同社が“ダークレッド”と呼ぶ、味わい深い色味の文字盤です。このカラーを採用することで時計の印象は見違えるほど変わります。

文字盤の仕上げにも独特のこだわりが。この特別な質感を演出するのは、美しく繊細な放射線状の模様。これは9Sメカニカルムーブメントを一貫して製造する「雫石高級時計工房」から望む、岩手の名峰、岩手山に刻まれた無数の尾根をなぞらえています。深い赤色に染まることで、岩手山の朝焼けの情景を表現しているのだとか。

一方、このシリーズを特徴付けるケースデザインは、1967年に登場した「44GS」なるモデルで確立したデザイン哲学を踏襲。歪みの無い完璧な鏡面を主体とするその造形は、半世紀近くに渡る長い歴史の中で、より立体的な造形へと進化しています。

世界でも限られたウオッチメーカーにしか製造できない高精度(10振動)自動巻きムーブメントへ対するの矜持が感じられるのが、ユニーク極まりないローターです。シースルーの裏蓋からのぞくグラデーションのローターは、チタンに陽極酸化処理をすることで仕上げたもの。これは単なる装飾にとどまらず、軽量かつ高弾性と耐久衝撃性を兼ね備えたチタン材の特性を活かしたものであることは言うまでもありません。

と、こだわり満載の「メカニカルハイビート36000GMT」は、11月11日(金)から全国のセイコープレミアムサロンとセイコープレミアムブティックで発売予定。以前からブラウン系の文字盤が気になっていた諸兄にぜひ手にとっていただきたい一本です。

Text: FORZA STYLE

Grand Seiko MECHANICAL HI-BEAT 36000 GMTRef.SBGJ021、自動巻き(Cal.9S86)、SSケース&ブレスレット、ケース径40㎜、10気圧防水/70万円(税抜)

【問い合わせ】
セイコーウオッチ お客様相談室
0120-061-012

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP