Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

先進技術とはまさにこのこと。安全は先手がキメ手!

2016.9.11
2016.9.11

進化するクワトロシステムにご注目

ステーションワゴンとSUVのいいとこ取り。ついに新型「Audi A4 allroad quattro」が日本上陸を果たしました。ミニバンのように大きな居住空間と3列シートまでは必要のないライフスタイルを送る方には、まさにうってつけのモデルです。

ボディサイズは全長4750×全幅1840×全高1490(mm)。最近は車高の高いSUVでも止められる駐車場が増えてきましたが、やはりこのサイズのほうが使い勝手がいいのは間違いありません。

 

 

比較対象となるのはベースとなるステーションワゴンのA4アバントですが、ロードクリアランスは30mm高いので、ショッピングモールやガソリンスタンドの出入り口など、日常使いでもフロントバンパー下をこすらず安心して乗ることができます。

 

天候不良の折には、このわずか30mmのゆとりが大きく貢献するはずです。またラフロードの走行を前提とするクロスオーバー車なので、アウディも意識的に躍動的なデザインを採用。とてもスタイリッシュな印象を与えます。

新型「Audi A4 allroad quattro」のニュースな点は、新開発クワトロシステムの採用です。というのも、今回のクワトロは4輪に駆動力を必要としない時には、100%前輪に駆動力を配し燃費に貢献します。システム的には後輪へ駆動力を伝えるドライブシャフトとリアデフの2箇所に分断機能を設け、不必要なエネルギーロスをなくすというもの。そして、4輪へ駆動力を分配した方がメリットが大きい時には、その状況を先読みし、フルタイム4WDとして機能させるのです。

ココがオンデマンドタイプの4WDとは決定的に違う点です。つまり、後手に回って対応するのではなく、つねに先手を打って事に備える・・・という賢いシステムをアウディは開発しました。

搭載するパワーユニットは2リッターの直列4気筒ターボエンジンと、7速Sトロニックトランスミッションの組み合わせ。パワーは最高出力185kW(252ps)/5000-6000rpm最大トルク370Nm/1600-4500rpm。スペック的にも十二分にスポーティな走りを期待させます。

世界的にもこのクラスのベンチマークとなるA4ですが、そのラインナップのなかでもっとも個性的かつポテンシャルの高い新型「Audi A4 allroad quattro」。是非とも皆さんの選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょう。

Text:Seiichi Norishige

価格:658万円

アウディジャパン
0120‐598‐106(アウディ コミュニケーションセンター)
■Audi A4 allroad quattro - Trailer

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP