Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"
第109回 エルメスのレザーサンダル

2016.9.4
2016.9.4

リゾートスタイルに似合う贅沢な一足

エルメスのサンダル「イズミール」は、船旅にもって行きたい!と思って買った一足です。レザーサンダルは好きでいろいろ履いているのですが、正直、気に入っているものはそう多くないんです。その点、これはすごく良くて、黒も買おうかなと思っているぐらいです。ちなみに、色は、白とブルー・パラディ(水色)と、このモカの4色展開です。色合いにすごく惹かれたんですよね。最初は、黒の水着が多いので黒のサンダルを買おうと思ってお店に行ったんですが、白やネイビーなんかの水着も持っているしなぁと思って、こちらのモカにしました。黒よりもカジュアルに見えるのがいいと思ったんですね。素材はカーフのアッパーにレザーソールです。

と、ここで生来のカスタマイズ癖が出てしまいまして、購入後にレザーソールの上からビルケンシュトック製のラバーソールを貼りました。僕の行きつけの中野にある靴修理店「ミスターエマ」(http://www.ne.jp/asahi/mr.ema/comfort/)の江間さんにお願いしたのですが、通常は前のほうを薄くするところ、このサンダルはフラットなほうがカッコいいと思い、10ミリの厚さのソールを選びました。なので、レザーソール部分と合わせて15ミリくらいのボリュームがあります。レザーソールだとすべってしまうんですよ。特に船上だと、プールサイドのデッキなんかに行くこともありますし。水着にも合うし、麻のシャツに麻のショーツといったスタイルに合わせたいですね。

リゾートだと身につけるものが少ないこともあって、僕の場合はできるだけラグジュアリーなものを合わせようと思っているんです。特に、アクセサリー類は重要。服がベーシックでも、時計やサンダルなどで余裕のある感じを出せれば、ぐっと大人っぽい雰囲気に仕上がりますし。ここで気を抜くと、一気にチープになってしまって、周囲になじめずに気まずい思いをしてしまいます。

本当は、秋口に行こうと思って計画していた船旅の取材ですが、急に仕事が入ってしまい、今回は断念することになりました。なので、このサンダルの活躍は先送りになってしまいました(涙)。けれども、いまから海風に吹かれながらデッキでシャンパンを飲んでいる自分の姿を妄想しています。もちろん、足元はHモチーフのストラップがあしらわれた「イズミール」で。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE


エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP