Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FASHION

【PR 】編集長の自腹買い!
「SANYO GINZA TOWERで100年コートを!」

2016.9.16


時代に流されない、レガシーなコートが登場

ファッショニスタ、干場義雅は何をどう選んでいるのか。編集長のプライベートのお買い物に密着して、お金を上手につかうコツをお伝えする企画「編集長・干場の自腹買い!」

VOL.5は、SANYOの「100年コート」です。

コンセプトは、「世代を超え、永く愛用できるコート」。三陽商会が会社設立70周年を迎えたことを機に開発されたこの100年コートは、普遍的なデザインと、メイド・イン・ジャパンにこだわった手作業が特徴。編集長・干場が唱える「エコラグ」の一品として相応しいアイテムなのです。

青森県にある日本で唯一のコート専業縫製工場(1969年創業)を生産拠点に、ボタン付けや襟付けなど、細かい箇所をベテラン職人による手作業で仕上げています。長年培われた職人の腕があるからこそ、伝統と時代性を融合した付加価値の高い商品を作り出せるのです。

オーダーできるコートのモデルは全部で7型(紳士4型・婦人3型)。この基本ベースの形に加え、表素材の色(4色)、裏地(5色)、ライナー(24通り)、ボタンの種類(11種類)をそれぞれ自分好みに合わせて選ぶことができます。

干場のオーダー仕様
・形(トレンチ・ロング)
・裏地(ベージュ)
・ボタン(黒マット) 
・ライナー(ネイビー×ボルドー)

中でも注目すべきは、組み合わせ次第でオリジナル性が高まる裏地です。100年コートのために開発されたという「三陽格子」柄は、歌舞伎の衣裳に使用されている「翁格子」を元につくられた人気のオリジナルチェック。“伝統を守りながら次代へ進化させている”歌舞伎と、“世代を超えて永く愛されること”をテーマとする100年コートのコンセプトが見事に融合した裏地は、ライナーや襟裏として選ぶことができます。

さらに、「100年コート」を購入したお客様に対し、末永く愛用していただくための「100年オーナープラン」というメンテナンスシステムが。修理はもちろん、付属品・裏地の取替え等をおこなうことが可能で、オーナーに有益な情報を発信してくれるのです。※修理や付属品などの取替えは有料となります。

腕時計のように、資産としても次世代に引きつける100年コートは、きっとあなたの価値観を一新してくれるハズです。

Text:Satoshi Nakamoto

P1A93-001(100年コートWトレンチロングパターンオーダー) 14万9000円 (税抜)

【問い合わせ】
三陽銀座タワー
03-5537-6125
http://www.sanyoginzatower.com

パターンオーダー会のお知らせ

三陽銀座タワーでは、9月17日(土)~10月2日(日)にかけて、自分だけのスペシャルな1着が作れる「パターンオーダー会」を開催します。「100年コート」が展開している7型(紳士4型・婦人3型)からパターンを選定し、表地、裏地、着脱可能なライナー地、ボタンをそれぞれお好みの色柄にお選びいただけます。また、ご自身のスタイルに合わせ、規定サイズから着丈、袖丈を調整することができます。オーダー商品の仕上がりは12月中旬を予定しています。

パターンオーダー会開催期間中の10月1日(土)に「100年コート」をオーダーした干場編集長も三陽銀座タワーに来店予定です。皆さん、ぜひ会場に足をお運びくださいませ。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP