Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
BUSINESS

TOKYO BIZ STYLE Vol.8
波を愛する湘南在住のフォトグラファー

2016.8.17
2016.8.17

好きなカメラをライフワークに湘南生活を満喫

TOKYO BIZ STYLEは自分のスタイルを持つビジネスマンの仕事流儀からファッション、プライベートまでを徹底解剖。読者の皆様に何かしらのTipsをお届けします。

第8回目はコロンビア出身、日本育ちの湘南在住フォトグラファー。NHK Worldでもドキュメンタリーを組まれるほどの敏腕カメラマン、セバスチャン・エンジェルへの10 Questions and 10 Answers

【Profile】

セバスチャン・エンジェル (33歳)コロンビア生まれ、日本育ち。
VFS(バンクーバーフィルムスクール)卒業後、カナダで撮影監督&監督として映画業界に従事。2006年に帰国後フリーランスの動画カメラマンとして活動、その後スチール撮影も始める。言語は日本語、英語、スペイン語。好きなタイプはジェニファーコネリー、モニカベルッチ、綺麗で社交的な女の子。

カメラ好きにはたまらない機材の数々。
▲拡大画像表示

Q1: 平日の24時間と休日の24時間を教えてください。

A1: 平日は撮影のスケジュールによりますが、サーフィン撮影の時は早朝だったり、夜中に仕事をするときもあります。機材のチェックは必ずします。毎回仕事前に丁寧にチェックします。
休日は撮影が好きなので、カメラ関係のことをしてます。ショートムービーだったり、テスト撮影をしたり、カメラに触っていることが多いですね。あとはサーフィンをして過ごすのも好きです。

休日はサーフィン。湘南ライフスタイルを謳歌している。

Q2: 好きなファッションブランドは?

A2: GUESS、ZARA、VOLCOMです。その3つのブランドはベースの色が似てます。ダーク系、モノトーン系が多いブランドなので、好きですね。

百合の紋章とクロスが好きでオーダーして作ったベルトを愛用。
▲拡大画像表示
ベッドルームにはネイティブアメリカンの言葉が書かれたポスターを貼って毎日見るようにしている。アクセサリーもネイティブアメリカンのデザインからインスパイアされたもの。
▲拡大画像表示

 

カジュアルやゴルフ、タキシード用などのシューズはブランドにはこだわらずデザインが気に入ったものを長く履くようにしているのだとか。
▲拡大画像表示

Q3: 出没エリアは?

A3: 湘南、鵠沼にはご飯食べに行ったり、飲みに行ったり、たくさんおしゃれなお店があるのでよく行きます。サーファーも集まるので知り合いが増えるのもいいですね。
東京では、高校の同級生が店長をしている赤坂のバー。そこには湘南に住む前からのいきつけで、5〜6年通ってます。

行きつけのバーは赤坂にあるThe Quarter House

Q4: 行きつけのレストランは?

A4: ハードロックカフェは高校時代から大好きで、いろんな店舗にいってますね。ハンバーガーが美味しいです。誕生日はなるべくハードロックカフェでやりたいと思ってます。
鵠沼にある、サーファーファミリーがやっている鵠(くぐい)っていう焼き鳥屋さんはおしゃれでよく行きますね。

Q5: 愛読書は?

A5: だいたいカメラ関係の本です。ライティングとかテクニック系の本をよく読みます。新しいエディションが出たらそれも必ずチェックしますね。

Q6: 趣味はありますか?

A6: サーフィンとスケートボードですね。スケートボードは中学校3年からしているし、サーフィンは3年くらい前に始めました。他には時々バイクで海岸をクルージングすることですね。仙台から湘南まで9時間かけてクルージングしたこともあります。

「初めて手に入れたスケートボードは今も大事に保管しています」

Q7: 夢はありますか。

A7: 夢というか必ず叶えたい目標ですが、映画を監督すること。いま温めているストーリーがいくつかあるんですけど、それを形にしたいです。あとは小型飛行機のライセンスを取ること。

Q8: ビジネスマンに欠かせない習慣はなんだと思いますか?

A8: 感謝することです。会社は人間だと思うから。結局世の中は人間関係で動いているから、感謝は一番大切にしているテーマです。あとは、人を大切にして、一つの仕事だけで終わらせず、次につなげるように意識しています。

仕事部屋にて。NHKの番組撮影のために北海道で撮影した麦畑の写真とともに。

Q9: ボディメンテナンス方法は?

A9: あまりヘルスフリークではないですが健康は意識しています。一時期7年半禁酒したのも健康のため。考え方もクリアになります。それとタバコやドラッグもやらないようにしています。カフェインもとりません。あとは毎朝お水を飲むようにしています。空っぽのお腹に水を入れるのがいいと聞いて、その後45分間放置して内臓を浄化するようにしています。湘南に住むことも健康維持の一つ。そのためにここに住むことにしたんです。

18歳の頃から愛用しているオメガのスピードマスター。
▲拡大画像表示

Q10: 愛用の時計は?

A10: オメガのスピードマスター。
18歳の時に大人になった証として手にしました。それ以来ずっと愛用しています。スケートボードの時もつけていたからもうボロボロですが僕の宝物。
歴史や古代のことが好きで、ギリシャ後のオメガがシンボルマークになっているということから、ずっと前から好きでした。だから最初の呼吸な時計はオメガにしたんです。

持つもの一つひとつに哲学を感じる、流行に左右されないスタイルが魅力的なセバスチャン。好きなことを仕事にし、好きな場所で暮らす。自分の心に正直に生きるスタイルが印象的でした。あなたのスタイルはどうですか?

次回もお楽しみに!

取材協力:The Quarter House
港区赤坂5-1-34 B1F
03-3585-4845

Photo: Naoto Otsubo
Interview & Text: makiko

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP