Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
BUSINESS

開会式はランウェイ!
リオ五輪「選手団ユニフォーム」金メダルはどこだ?

2016.8.7
2016.8.7

ラルフローレンや、アルマーニ、ステラマッカートニーなど有名デザイナー制作

世界で最も長いランウェイは、オリンピックの開会式かもしれない。南米初の開催となったリオ五輪。熱戦は、各国選手団がマラカナンスタジアムに入場した瞬間から始まっていた。

ロシア選手団のユニフォーム。ドーピング問題で出場が危ぶまれたが、全面的な出場禁止は免れた。


オープニングセレモニーで選手がまとった公式ユニフォームは、米国が「ラルフローレン」、スイスは「H&M」、フランスは「ラコステ」、カナダは「Dスクエアード」、イタリアは「ジョルジオ・アルマーニ」など、各国を代表するデザイナーが担当。日本といえば、公募で募った意見を反映して高島屋が制作。コンサバティブこそ、この国の精神である。

「情熱~真紅に宿る、太陽の熱量をちからに」が日本のデザインのコンセプト。変わり映えしないが、安定感はある。


ラルフローレンは、08年から米国の五輪ユニフォームを手掛けているが、今回はSNSで手痛い批判も受けた。ネイビーブレザーの下に着た白×ブルー×赤のストライプTシャツが、あろうことか「ロシアっぽい」という投稿が続出したのだ。

インナーの配色が「ロシアの国旗と酷似している」とSNS上批判が集まった、アメリカのユニフォーム。

「アメリカがロシアになったというニュースを、見落としていたかも」という自国民からの辛辣なコメントも。これに対してロシア人からは、「俺たちは全然反対しないぜ!」という気の利いたコメントも。

イランのユニフォームも、SNSで批判を浴びた。当初のデザインは「消しゴムチック」という批判が相次いで変更され、正式に採用されたのは、ご覧のデザイン。

紆余曲折を経た、イランのユニフォーム。


しかし、これにも「ピザ屋の箱っぽい」というコメントが噴出した。スペインでは、初めて女性がスカートではなくパンツを穿いて入場したことが話題になった。

情熱的なスペインのユニフォームだ。

 

フランスとイタリアは、直前までどんな衣装になるのか伏せていた。コレクションの国だけあって、ファッションに対する考え方が、他の国とは違うのだ。

「ラコステ」がデザインしたフランスのユニフォーム。


お隣韓国では、ジカ熱を媒介させる蚊を寄せ付けない繊維で編んだユニフォームを採用。デザインは保守的だが、素材で先端技術をアピールした。

蚊を防ぐ繊維で、選手の身を守る。これも衣装の重要なポイントだ。

オーストリアは、レーダーホーゼンと呼ばれる伝統衣装を採用。山羊の皮を使ったものだった。

オーストリアの男性は、伝統的なレーダーホーゼンを着用、女性は高山用のパンツを。

ブラジルが生んだスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンがキャットウォークを魅せるなど、サンバのリズムで最高潮に達したリオ五輪の開会式。

引退を発表している、モデル長者番付世界ナンバー1のジゼル・ブンチェン(35)。

4年に一度のスポーツの祭典は、スポーツウェアの祭典でもある。試合時のユニフォームにも注目して、オリンピックをあらゆる角度から楽しんでほしい。

Photo:getty images

Text:栗原P

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP