Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

【連載】週末彼女と行きたいコスパ宿 第33回
星野リゾートで、りんごたっぷりの晩餐とアクティビティを満喫

2016.8.3
2016.8.3

アクティビティが充実の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」

日本の特別名勝と天然記念物に指定されている、奥入瀬渓流。澄み切った空気の森の中で、さまざまな美しい水の流れに魅せられます。その渓流沿いに唯一建つホテルが「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。こちらは女性達の憧れの場所です。

 

ホテル前の渓流沿いには遊歩道が整備されており、滞在中いつでも気軽に自然に溶け込めるのが魅力。渓流散策に便利なシャトルバスも朝6時から運行しています。

また、多くのアクティビティが用意されているのも、このホテルの特徴。例えばウェーダーと呼ばれる胴付長靴を履いて行う本格的な渓流釣り体験や、ガイドと一緒に奥入瀬渓流を歩く散策プログラム、月あかりと星の瞬きだけが光る大自然の夜を楽しむ星空観賞など、すべてが魅力的です。

それに、もし雨が降ったとしてもご安心を。雨の日限定プログラムが用意されており、奥入瀬渓流で一番美しい世界に出会えますよ。

ホテルの中に入ると、壮大な自然を背景にした大暖炉がゲストを迎えてくれます。こちらは、岡本太郎氏の作品「森の神話」。奥入瀬の森や、人が鳥や森の妖精と一緒に踊ったりしている情景が描かれています。

客室は、和室と洋室でさまざまなタイプがあります。今回は渓流を間近に眺められる「渓流和室」をご案内。

室内のセンスの良さは、さすが星野リゾート。畳敷きの和とインテリアのモダンさが上手に溶け合っていて、心を落ち着かせてくれます。ベッドには体に負担を掛けないエアウィーヴが採用されており、深い眠りにつくことができますよ。さらには窓際には二人で渓流を眺めながら足を伸ばして寛げるソファーが。あっという間に時間が過ぎてしまいそうですね。

そして、流れ落ちる滝を間近で眺められる露天風呂「八重九重の湯」では、昼間は絶景と一体になれ、夜は幻想的な秘湯の雰囲気を楽しめます。混浴になる時間帯がありますので、是非、彼女とお出かけください。湯浴み着がちゃんと用意されていますので、恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ。

夕飯は、青森のりんごの魅力を存分に楽しめるビュッフェレストランで。

品数がとても豊富なので、全部を味わうのは難しいかもしれません。りんご王国青森ならではの知恵が詰まったメニューもたくさんあります。

なかでも注目なのが、目の前でシェフが焼いてくれるステーキ。この肉汁は是非一度味わっていただきたいです。

そして清々しい朝は、鳥のさえずりを聞きながら「渓流テラス朝食」はいかがでしょう?

星野リゾートのコンセプトのひとつが「その地域ならではの魅力をゲストに最大限に感じてもらうこと」。手つかずの神秘的な奥入瀬の大自然をここまで楽しめるのは、やはりこのブランドならでは。帰るころには、心も体もすっきり軽やかになり、「もっと二人でここにいたい」と思ってしまいそうですね。

Text:Kumi Koyama

 

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
0570-073-022(9:00~20:00)
http://www.oirase-keiryuu.jp/

料金:土曜日 渓流和室1室2名2食付・一人 2万4,500円(税込)~

【ラ イター:小山久美】 大 阪生まれの京都育ち。都銀、ツアコン、英会話教室、専門商社勤務を経て、脚本家を目指すも道は厳しく断念。現在はフリーライターとして活動中。得意分野は インタビューと市場調査。生きがいは関西ならではのボケとツッコミで、自分より面白いすべての人が憧れの対象。趣味は油絵で妄想をキャンバス上で楽しんで いる。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP